秋色(下)

平岩弓枝 / 文春文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kei_m

    kei_m

    1987年刊行。
    「秋色」とは心の中にある秋景色のこと。
    世界的に有名な建築家と京都の名家出身の二廻り年下の妻、夫には三十年来の愛人がいる。常に控えめな妻は奈良の老舗の二男坊に惹かれていく。その二男坊を慕う夫の愛人の娘。シドニー、麻布、銀座、奈良、京都、伊豆山を舞台に描かれる人間模様と愛のかたち。

    昭和の終わりの男女の意識はまだこんなのだったのだろうか。
    終盤になって面白くなってきたが、万事控えめな妻がはがゆく、ラストも・・・。
    (図書館)
    続きを読む

    投稿日:2021.06.10

  • 文藝春秋公式

    文藝春秋公式

    【「秋色」とは心の中にある秋景色、のことである】シドニー、麻布、銀座、奈良、京都、伊豆山と舞台を移して華やかに、時におそろしく展開される、有名建築家夫婦をめぐる人間模様。

    投稿日:2016.06.20

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。