クオンタムユニバース 量子 すべては近似にすぎないのか?

ブライアン・コックス, ジェフ・フォーショー, 伊藤文英 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
0
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 米山 隆一郎

    米山 隆一郎

    「クオンタムユニバース 量子」
    ブライアン・コックス&ジェフ・フォーショー
    伊藤文英訳

    量子力学の本。全11章とエピローグ。
    2016年6月20日初版。
    他人から貰った。

    8割位の理解。今現在、新聞ではより新しい事が記事になっていることもあるし、他の宇宙に関する新書の知識もあるからとは、と思っていた。

    量子力学も科学技術で応用される分野でもあるので、全理解しようと思ったが、8章「原子のきずな」がきっかけで分からない記述が増えた。こらからも量子力学の分野を他の書物などで理解を深めたい。
    続きを読む

    投稿日:2020.07.21

  • yoshio2018

    yoshio2018

    粒子はどのような法則に基づきこの世界を構築しているのか。分子、原子、陽子、電子、中性子、クォーク。量子の世界は標準モデルとしてまとめあげられた。しかしまだ重力の統合はなされていない。明快な説明に助けられて量子の世界の法則を垣間見る。ファインマン・ダイヤグラムの意味がようやく分かった。いろいろな本で説明がされていたが、この本の説明でようやく明らかになった。といっても深い意味が分かったわけではないが。とても分かりやすいが二度三度と読み返すとより理解がすすむだろうな。続きを読む

    投稿日:2019.01.26

  • 午後のカッパ

    午後のカッパ

    不可解な量子の世界の理解が、いかに多くの物理や化学の現象の根本からの(科学的に)整然とした説明が可能か?!、を、結構ドッシリと説明した書籍。
    敢えて数式の掲載を控え過ぎず、むしろ「数式は可能な限りは控えるけど、これを理解すれば科学的満足感が得られるんだぞ!、という部分は敢えて出すし、詳細も説明する。だから是非とも努力して理解してみろ!、絶対面白いぞ!」という、何とも情熱的な科学者の情熱を感じるわけです。
    しかし、翻訳本に在りがちな、冗長な?(冗談交じりの)文章で延々と数式と理論の説明をされると、うーーーん、さすがに全数式と全文章を追って理解しよう・時間を投資しようって気にはなれませんでした...
    ただ、「量子論って、何だか現実感を伴わない、いかにも特殊な世界を科学的に表現する時だけに使われるモノだよね?」的なイメージは覆された。
    化学の周期律表の規則性も、量子論で整然とした説明がつく(完全にではないが)という部分は、へえーなるほど!と改めて納得。
    敢えて全文を読もうとせず、読めるとことだけ拾い読みしても面白い書籍だとは思いました。
    続きを読む

    投稿日:2016.10.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。