ベルセルク 37巻

三浦建太郎 / ヤングアニマル
(25件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
7
7
9
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • とーこ

    とーこ

    ファルネーゼちゃん大成長。よかったね...!
    チビっ子ぼうやは花吹雪く王の化身らしいけど、てっきりガッツ×キャスカの子どもが新世界で転生したものかと思ってたよ...

    投稿日:2017.05.06

  • あさひ

    あさひ

    あの『蝕』から、巻数は進んでも物語が遅々として進まない…。
    敵が化物ばかりで、闘いにいまいち感情移入できない。
    ガッツの力が人間離れしすぎて、自分との闘い、自分探しになりがち。
    画の凄味はある。でも物語の推進力がない。
    グダグダしてるな〜と感じつつ、読み続けてます。
    続きを読む

    投稿日:2014.01.01

  • dai-4

    dai-4

    前の巻を読んだときと、だいぶ時間があいたから、とりあえずの内容を掴むのに時間がかかった。それにしても、本編はどこへ向かっていくのでしょう。

    投稿日:2013.12.29

  • bubu-o

    bubu-o

    もう完全に世界が崩壊しとります。
    魑魅魍魎が跋扈する世界。
    一巻当時とは世界がまったく違います。
    どーなるんだ、この先。

    投稿日:2013.08.25

  • やまもと ぼゐ

    やまもと ぼゐ

    みんな大好きベルセルク、第37巻!
    海神編も終結です。
    イスマ、良かったねー!


    そしてこの巻はガッツの過去話の短編も収録。
    時系列としては鷹の団に入る前のガッツなんだよね。
    チッチかわいすぎるだろー!!!
    ガッツはやさしいな。
    なんだか切ないけれど、ほっこり出来るお話。
    ベルセルクでこんなお話に出会えるとは・・三浦先生、やるなぁ。


    そして時間はまた現在に戻り、今度はリッケルト&エリカの旅路が描かれる。
    新たに登場したウインダム・・もといファルコニアの街、どうなんだろうね。
    パッと見は楽園にしか見えないわけだけど・・・・。


    ベルセルクは読んでいると早く終わって欲しいような、もっとずっと読んでいたいような、そんな気持ちになりますね。
    続きを読む

    投稿日:2013.06.30

  • ひろっぴ

    ひろっぴ

    このレビューはネタバレを含みます

    海神編もイスマ・人魚達の活躍もあって終結へ。
    ガッツのピンチを救ったのは、またも謎の黒髪の少年の化身らしき光体?
    一体何者なのか・・・その正体が明らかになるのも近い気がする。

    /ガッツの少年時代を描いた番外編「遠い日の春先」が掲載。その時偶然出会った薺(なずな)の妖精との交流、切なくて優しい物語。必読です。

    /そして本編はファルコニアの全貌に迫る展開に・・・一体そこには何があるのか?

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.06.11

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。