失われた時を求めて 4~第二篇「花咲く乙女たちのかげにII」~

プルースト, 高遠弘美 / 光文社古典新訳文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 0.0
0
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • Στέφανος

    Στέφανος

    原書名:À la recherche du temps perdu

    著者:マルセル・プルースト(Proust, Marcel, 1871-1922、フランス、小説家)
    訳者:高遠弘美(1952-、長野県、フランス文学)続きを読む

    投稿日:2018.10.30

  • toca

    toca

    古典新訳版の第4巻。
    同時期に刊行が始まった岩波文庫版が随分と先に進んでしまったが、こちらはずっと新刊が出なかった……。岩波文庫版で読んではいるので、一種の再読になると思うのだが、訳文はやはりこちらの方が好み。

    ところで、巻末の『読書ガイド』に、『筋だけ追って読むのはあまりに近視眼的』という一文があるのだが、『失われた時を求めて』をストーリーだけ追う読者はいないと思うw 筋だけ追ってたら飽きるって、絶対w
    続きを読む

    投稿日:2016.01.27

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。