鬼滅の刃 1

吾峠呼世晴 / 週刊少年ジャンプ
(106件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
35
34
21
3
0
  • WJで始まった異色の純和風物の怪譚

    人の世に巣食う鬼とそれを滅する者たちの戦いを描いた時代譚。
    ある日突然変わってしまった日常、半鬼となった妹を救うため強くなり旅に出る主人公、という鉄板のプロットながら、随所に漂う異色感。
    拙さすら感じるような筆致だったり、トーンを使わない画風だったり、ペンネーム含むネーミングセンスだったり、要因は数多有れど、これがWJで連載されているという一点。そこはかとなくアフタヌーン臭を感じる。

    王道雑誌で異色をやる姿勢はジョジョに通じるものがある。
    それでいてストーリーラインは王道というのも共通。
    その根幹は紛れもなくジャンプ作品。注目していきたい一作。
    続きを読む

    投稿日:2016.08.10

  • 癖になる絵!

    絵が非常に個性的ながら引き付けられる作品です。
    内容としては、主人公、炭次朗が家族を鬼にほぼ全員殺され、さらに生き残ったただ1人の妹も鬼にされてしまい、その妹を救う旅に出るという話です。
    読んでて最初は少し違和感がありましたが、読んでいくうちにどんどん引きつけられて、面白いと感じました。とにかく個性が強い作品で、読む人を選ぶところはありますが、好きな人は好きというタイプの作品だと思います。
    是非一度読んでみて下さい
    続きを読む

    投稿日:2016.08.17

  • 読まないともったいない

    自分以外の家族がハマっているので、読んでみました。
    全巻読破しての感想ですが、流行るには流行るだけの理由がある。それにつきます。全編通して、家族愛や仲間愛、他者への(死んでいく敵も含む)思いやりがそこかしこに溢れ、読んでて気持ちのよい漫画でした。読んでない方は是非読んでみて!続きを読む

    投稿日:2020.03.04

ブクログレビュー

"powered by"

  • komagoma1

    komagoma1

    緊急事態宣言で出歩けないので、一気読みしようかと読み始めた。
    これは面白い。まだ鬼滅の刃の世界の一端だろうが、次に何が起こるのか、これからが楽しみ。

    投稿日:2021.01.16

  • poyori

    poyori

    人生には空模様があるからな
    炭治郎は鼻が利く
    生殺与奪の権を他人に握らせるな
    弱者には何の権利も選択肢もない 悉く力で強者にねじ伏せられるのみ
    怒れ 許せないという 強く純粋な怒りは 手足を動かすための揺るぎない原動力になる
    間違いなく今は重度の飢餓状態 一刻も早く人の血肉を喰らいたかっただろうに
    判断が遅い 今の質問に間髪入れず答えられなかったのは何故か? お前の覚悟が甘いからだ
    進む以外の道などない
    無駄な動きが少しもない 本当に綺麗だった
    努力は どれだけしても足りないんだよ
    続きを読む

    投稿日:2021.01.12

  • hejda

    hejda

    このレビューはネタバレを含みます

    お借りして、全23巻+番外編 2日間で読了
    遂に話題の人気作品を一気読み。

    面白かったけど、ファンタジー少年マンガは私のツボじゃないので、まあまあ。という感想。
    ちょいちょい、ウルウルしたシーンはあったし、主人公の素直さは素晴らしい。響くものはあったと思う。

    <マイナス感想>
    だが、一気読みだから読み切ったけど、連載だったら脱落していると思う。
    むしろ、一気に読んだからいい話にお腹いっぱいになっちゃったのかもしれないけど。あんまり脱線しないストーリーだっただけに。
    大概のことが走馬灯で説明されるのもパターンが少ないようにも思っちゃったし。

    私の読み方が悪いんだろうけど、イマイチ炭治郎とねずこの年齢が分からず、ふたりの仲良さにうっすら近親相姦的なものを連想しそうになってしまったり、雑念が…
    鬼を含めて心底の悪人がいないのは良いのだけど、いい話てんこ盛り過ぎたような…
    なぜその二人がひっつくのか…カップリングについてなんだかな―(善逸の良さを理解できないままだったので、かわいいねず子とひっつくのが多分受け入れられない)、恋愛要素は完全なオマケなんだろうけど、もうちょっと何か掘り下げ欲しかったなぁ。

    結局、私が人が死んで解決する話が苦手だから受け容れがたかったのかもなぁ。とも。
    病気とか、死んでしまうことを美化するフィクションが苦手なんだよなー。

    <プラス感想>
    登場キャラたちがみんな可愛い。
    炭治郎&ねずこはもちろん。鬼たちも。
    ひたすらに前向きで正しい主人公は本当に見ていて気持ち良い。


    <その他>
    作者コメントを見ていると、陰気なようでポジティブで。善逸要素を一番感じたけど、実際どうなんだろう?いろいろ苦しそうなこと、弱音を言いつつも、感謝で前向きな言葉があふれているから結局ネアカそうだけど。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.01.11

  • ひろ

    ひろ

    最初鬼滅の刃ちらっと見たときはグロそうで嫌だなと思ったけど、読んでみたらとても面白かったです。炭次郎の優しさが分かる一冊でした。冨岡さんもかっこよかったです。そして、アニメで初めて呼吸を見たときはかっこよかったです。鬼滅の刃を読むようになったきっかけは、TVで序編と那田蜘蛛山編が放送されてから興味が湧き始め、映画の無限列車編で完全に好きになりました。錆人と真菰、鱗滝の呼吸も見たいと言う気持ちはありました。続きを読む

    投稿日:2021.01.07

  • mmh

    mmh

    アニメ、すごく原作に忠実なんだけどめちゃめちゃグレードアップできてるのですごい、絵柄が垢抜けてなくてあんまり好きじゃないけどアニメの続きが気になるので…

    投稿日:2021.01.05

  • harukaze21

    harukaze21

    このレビューはネタバレを含みます

    アニメを見て、映画を見て、とても気に入ったので漫画も!と読み始めました。アニメは漫画を忠実に再現しているとわかり嬉しくなったのと、人の名前や技など、音だけだと漢字が分からなくて気になってしまうところがちゃんとわかるのがいい。ストーリーを知っている気軽さで、自分が読みたいところをじっくり読めるのもよかった。家族を想う気持ち、人を想う気持ちが強くて、心優しい炭治郎。すごく応援したくなる子だなと改めて思う。大切な人を大切に。正しいことをできる強さを。そんなメッセージが好きだなと思う。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.01.02

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。