死に金

福澤徹三 / 文春文庫
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.8
1
3
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 亮



    あらゆることに手を染め、数億円を貯め込んだ男。
    しかし、末期癌に罹り病床に臥す。
    それを狙う輩が次々に病室へ。
    堅気も極道も不景気に左右され、法改正に左右される。
    そこに一人の少女が。
    衝撃のラスト。
    世の中捨てたもんじゃない。
    北野武の映画『brother』を何故か思い出した。
    続きを読む

    投稿日:2018.04.23

  • 裾エッセ

    裾エッセ

    金、金、金
    金のために生きた男が余命わずかとなり、金の亡者が騒ぎ出す。ストーリーはテンポよく、大変読みやすかった。
    結末は予想でき、雑さもある締め方でしたが読後感は良い。
    自らの欲望ではない、そんな使い方が必要であろうと思った。続きを読む

    投稿日:2018.04.21

  • touxia

    touxia

    読んで、残念な気がした。
    なんだろうね。
    結局 『お金の使い方が よくわからない』ので
    先送りする ということなんですね。

    侠飯の第3巻で 闇金で稼いだお金を
    卓磨は 自分の子供の頃を思い出し 
    ラキラネームの柔斗 に500万円を渡して 贖罪する。

    今回の矢坂も、ヤクザに組することなく、
    数億円のお金を溜め込み、自分で使うこともなく、
    妻でもなく、金にからんだニンゲンでもなく、次に託す。
    まぁ。数億円では 個人レベルなんでしょうね。

    八坂は言う
    『金が無意味だとわかるのは、
    本気で金に執着したニンゲンだけだ』
    『勝つということは、何かを捨てることだ』
    これが キイワードになっている。
    八坂は なぜ 辰野を? がよく見えない。

    それにしても、ヤクザたちのシノギが厳しくなっている。
    バカラで負けた400万円。それを悩む 飯島。
    ヤクザというより 愚連隊レベル。
    金で 出世するヤクザの世界も みみっちい。
    社会の底辺で うごめく人たち。

    死に金を 生きる金にしえない 絶望的な風景。
    さぁ。
    福澤徹三 このとほほな 現実から 脱出できるのか?
    続きを読む

    投稿日:2016.08.12

  • かたくり

    かたくり

    このレビューはネタバレを含みます

    金とはなんなのか、金に振り回される人と、金に振り回されない人。金に振り回される人が多数を占める現在では、それが一般的で、かつ、それが幸せとも刷り込まれている。地獄の沙汰も金次第。金の切れ目が縁の切れ目。まさにその通りの本だった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.06.05

  • DJ Charlie

    DJ Charlie

    作中人物各々が、各々の事情で現在の人生を歩んでいる訳で、それが活写されている作品が面白いというのも在るのだが…私は何か「余命幾許も無い状況下、纏まった金…金は“死後の世界”に持ち去ることが出来るでもない…そういう訳で、多少の縁が在る人達が何やら現れ…」という物語の状況に、「哲学めいたモノ」を感じずには居られなかった…それが「新刊文庫の紹介」で本作に惹かれた理由でもある…

    「勝ち取った」というよりも「なってしまった」という人生の哀切と、そういう中で蠢く作中人物達の思惑が、「余命幾許も無い男の財産」を巡って交錯する様…何か“余韻”が深い…
    続きを読む

    投稿日:2016.06.03

  • 文藝春秋公式

    文藝春秋公式

    【余命短い男をめぐるピカレスク・ロマン】金になることなら何にでも手を出し、数億の財産を貯め込んだ矢坂。彼が死病に倒れたとき、財産を狙う者が次々と病室を訪れる――!

    投稿日:2016.05.20

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。