玉磨き

三崎亜記 / 幻冬舎文庫
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
2
3
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • kYu

    kYu

    ルポライターの私は、取材のために全国を訪ね歩いていた。どこへも辿り着かない通勤用の観覧車、ただひたすらに玉を磨く伝統産業、すでに海底に沈んだ町の商店街組合…。そこで私が出会ったのは、忘れ去られる運命にあるものを、次に受け継ぐために生きる人人だった。今、この瞬間にも、日常から消えつつある風景を描いた、6つの記憶の物語。続きを読む

    投稿日:2021.02.06

  • Bookrium

    Bookrium

    現実にはあり得ない、かつ読んでも何も生み出さないように思える職業に就く人たちを描く三崎作品。
    何かを隠喩しているような気もするし、かと言って具体的には何も分からないけれど、何故か魅力を感じてるしまうのが不思議です。
    ちなみに本書で一番好きなのは通勤観覧車です。
    続きを読む

    投稿日:2019.10.26

  • 橘

    面白かったです。
    失われつつある仕事について描かれた三崎ワールド、堪能しました。
    どのお話もどこか切なくて良かったのですが、一番好きだったのは、通勤観覧車を運用する会社についての「只見通観株式会社」です。どこにも進めない路線の通勤観覧車、乗ってみたいです。
    「只見通観株式会社」と、ラストの「新坂町商店街組合」は三崎さんの他の作品と繋がる世界でした。海の襲来、という自然災害は、安土萌さんの「“海”」を思い出します。しかしこちらは政府の思惑も見え隠れしますが…。
    三崎ワールドではよくある「検索忌避制度」は怖いです。
    巻末の参考文献も面白かったです。
    続きを読む

    投稿日:2018.12.05

  • 潤

    「なんだそれ?」って思わず言ってしまうような不思議が当たり前に存在する不思議短編集。
    見えないもの、消えてゆくもの、失われたもの…どれも切なさを感じた。
    特に通勤観覧車が面白かった。
    発想力に度肝を抜かれます。続きを読む

    投稿日:2017.11.09

  • Yoshi_Navyfield

    Yoshi_Navyfield

    一人のルポライターが、消えようとする、あるいは失われようとしている6つのものについて取材したルポルタージュの体裁を持った短編集です。

    伝統産業、奇妙な公共交通機関、とある世代、見えないものを狩り立てる儀式、ある部品を作り出すための業務形態、海に沈んだ町、がそれらにあたります。と言ったところで、何のことかわかりませんよね。

    三崎さんの作品は、それぞれ突拍子もない設定なのですが、それ以外の点(個々の登場人物の営みや行政の描かれ方など)が、とてもリアルで「自分が知らないだけで、世間にはこんなことがあるのかも」と信じさせられそうになります。

    読んでいる間、不思議で独特な雰囲気(静かで淡々としていながら、時々思わず心がざわつかされる)に取り込まれ、読んだ後もしばらくそれに心が絡めとられてしまいます。
    ハマるとクセになること間違いなしです。
    続きを読む

    投稿日:2016.10.31

  • ピッピ

    ピッピ

    三崎さんの作品はフィクションとわかっていながら、何処か現実とリンクしているような不思議さがあります。
    表題の玉磨きという作品も、一名しか残っていない伝統産業の技を続けている人の取材という内容ですが、何とも奇妙でありながら愛着を覚えます。通勤観覧車を運行している会社を取り上げた作品も然り。日常的にありがちな光景に見出す発想力にいつもながら感心します。続きを読む

    投稿日:2016.10.01

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。