3年後、転職する人、起業する人、会社に残る人

佐藤文男 / クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
0
3
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • the-nostalgic

    the-nostalgic

    このレビューはネタバレを含みます

    実際に転職経験者が書いているこの手の本って少ないんですよね。
    そういう意味では貴重な存在なのかとは思います。
    転職者へは
    ①スペシャリストを目指すか、マネージャーへ近くか
    ②業種・職種・勤務地・種類
    を考えてしなさいということでした。

    また、起業もノリでするものではなく、本人に向いているかどうか考えるべきというのもためになりました。

    転職しまくっちゃう人へは自分との向き合い方を考えるべき。

    起業したい人はそもそもあなたに適性があるのかを見極めるべき
    ・人望があるか、人をマネージできるか
    ・ファイナンスを管理できるか
    ・耐えられるか


    会社に残る人も①と同じでスペシャリストかマネージャーを目指すべき

    もしもあなたが大企業で国の根幹を成すような広告・運輸・メーカーであればはっきりいって無理に転職する必要はない

    レビューの続きを読む

    投稿日:2021.11.22

  • 佐々木

    佐々木

    転職、起業、会社に残る
    という3つの選択肢をメリットデメリットを挙げながら知ることができる本

    起業に関して、
    自分を律する力、人望、体力など
    冷静に向いているかどうかも考えることが必要

    若干読みづらい続きを読む

    投稿日:2021.02.25

  • pei

    pei

    転職、企業、会社に残るの3パターンを選ぶ時の考えかたの参考になる 堀江さんの本を読むと起業起業!で勢いで起業!したくなるが、冷静になれる。だからと言って起業を悪く言っているわけではない。 今後のために読んでよかったかな!続きを読む

    投稿日:2019.01.06

  • soki

    soki

    実際にこの3択、もしくは2択で悩んでいる人にはオススメ。それぞれのメリット、デメリットや上手く行く人の特徴が書かれている。

    投稿日:2018.10.13

  • tatsuyaokamoto

    tatsuyaokamoto

    会社員になって気づいてみればアラサーになった。さて、このまま会社にいるものかそれとも他の道があるのかふと気になることがあると思う。転職するか・起業するか・会社に残るかその3つの選択肢がある中で、それじれの道を進むためにどういう準備をしておけばいいのか基本的なことが書かれてある。キャリアを考えることは人生の岐路に立つわけであるから、書籍や知人から色々な情報収集をすることが結果を左右する大きなポイントだと個人的に思う。続きを読む

    投稿日:2016.10.29

  • shunri

    shunri

    転職、起業、残留の3つに分けてあるべき論が書かれている。
    著者が起業しているだけあって、一番起業の項目が熱が入っている気がした。
    今の自分のキャリアを再確認出来た気がした。
    20〜30歳向けの本ではあるが40代の自分でも自分のキャリアを見直すことが出来た。続きを読む

    投稿日:2016.01.29

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。