ビッグ・ノーウェア(上)

ジェイムズ・エルロイ, 二宮磬 / 文春文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
3
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 国領町

    国領町

    異常殺人を追う若き保安官補アップショー
    アカ狩りで名声を狙う警部補コンシディーン
    暗黒街の始末屋ミークス

    「暗黒のLA四部作」2冊目

    ブラック・ダリアで登場人物呼び名いろいろで
    ぐったりしたが、ビッグ・ノーウェアから弾けるとのことで頑張って読み始めたら、
    登場人物の多さパワーアップしてる、キャパオーバーだわ。(小説自体はレベル高いと思います)

    登場人物ページでは足らないんで
    詳しいリスト探してなんとか
    それでも中盤まで誰だっけこれ?連発しながら
    何とか読み終えましたが

    疲れた~

    『LAコンフィデンシャル』行くの勇気いるなぁ
    ここで止めれないよねぇ
    続きを読む

    投稿日:2016.09.12

  • attaka

    attaka

    エルロイの「暗黒のLA4部作」の2作目。「ブラックダリア」と違い、登場人物が多数おり、人間関係も複雑に絡み合っている。えぐい、痛い描写も多い。

    投稿日:2012.04.21

  • SOHO

    SOHO

    『ロス暗黒史』4部作の第2册目。動物に噛み切られたような跡が残る惨殺事件が続く。事件に執念を燃やすLA保安官事務所のアップショー。ハリウッドにはびこる赤狩りのための特捜チームに加わったLA地方検事局のコンシディーン。LAのギャング、ミッキー・コーエンの元で情報収集家をやる元腐敗警官の“バズ”ミークス。赤狩りと惨殺事件の共通点が明らかになるにつれてLA市警殺人課警部補ダドリー・スミスが動き出す。

    『ブラック・ダリア』よりも複雑でさらに登場人物が多くて大変だった。1940年代のアメリカの人種差別と腐敗が恐ろしい。
    続きを読む

    投稿日:2010.08.15

  • 山賊

    山賊

    エルロイ、LA4部作の2作目にあたる作品の上巻
    LA市警と検事局によるハリウッドに広がった共産主義の赤狩りを目的とした大陪審がメインとなり、エルロイお得意のマフィア、市警、保安官事務所、検事局、ハリウッド、共産主義者たちの謀略戦が始まります
    今回の主人公は3人
    LA市警、元風紀課で第2次世界大戦の兵役経験もあるマルコム・コンシディーン、出世と離婚問題を優位に進めたい為、今回の大陪審の捜査チームに参加
    次がバズ・ミークス、映画王と名高いハリウッドの重鎮にして、世界の富の半分を持つ男と呼ばれるハワード・ヒューズのポン引き
    ヒューズの警備主任をやる前は市警の汚職警官、金の為に赤狩りを目的とした大陪審の捜査チームに参加、LA暗黒街の大物マフィア、ミッキー・コーエンとも繋がりがある
    最期がダニー・アップショー、保安官事務所所属、管区で発生したホモに関連する猟奇殺人事件に入れ込み、コンシディーンに才能を見込まれる
    ホモ殺しの捜査を任せてもらうのを引き換えにして、捜査チームのスパイとしてアカの団体に入り込むことになる
    この3人の話が交互に入れ替わりながらストーリーが進行していく形式
    上巻の大部分は3人が捜査チームに合流していくまでを描いてます
    エルロイの中では物語の背景を理解していれば、すんなり入れる内容だと思います
    またきちんとレビュー書けたら書きたいなと
    続きを読む

    投稿日:2008.12.26

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。