透明なゆりかご~産婦人科医院看護師見習い日記~(3)

沖田×華 / Kiss
(15件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
4
4
3
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ちもこ

    ちもこ

    タイトル*透明なゆりかご(3)
    著者*沖田×華
    出版社*講談社

    ”赤ちゃんが無事に生まれるのは、
    けっして当たり前のことではない”
    ”小さな命の奇跡”を描き大反響を呼ぶ
    真実の産婦人科医院物語

    長く生きられない命」中絶?それとも----。
    仲の良い義母とお嫁さん。妊娠によって起こった変化とは?
    病院で母を待ち続ける男の子。母親はどこに?
    命がけのハイリスク出産。妊婦の決断は?
    幼い我が子の突然死。死が受け入れられない母親は……。
    超低出生体重児が母親に示す”命のサイン”とは?
    産婦人科医院の院長先生が”生まれる命”に託す想いとは?

    (あらすじより)
    続きを読む

    投稿日:2018.08.11

  • musamika

    musamika

    親に置き去りにされたかー君にとっては
    辛いクリスマスだ。かー君は
    でも 生きててよかったと
    思ってくれるかな・・・
    親は憎まれても 恨まれても
    しょうがない でも助けててくれた人は
    その子が生きてていてよかった
    と思ってくれたから今があるんだよね
    続きを読む

    投稿日:2017.12.24

  • pumpkindad

    pumpkindad

    静かにリアルに訴えかけてくる産婦人科医院の物語。
    本巻は、これまでより一層考えさせられる部分が多かった。

    投稿日:2017.09.18

  • 亜綺羅

    亜綺羅

    借りたもの。
    産婦人科で垣間見られる関係は、母子、夫婦に留まらずその上の代の親子関係からも影響されることが如実に見えてくる――
    嫁姑問題……一見仲が良さそうでも、姑がマタニティ・ハイ状態で、嫁が本当に求めているもの――心に耳を傾けなく(これは旦那にも言える)なっている――という可能性を、簡潔な言葉で表現していた。

    産婦人科の浅黒い肌の先生のエピソードも。
    ここでもまた、夫婦双方の感情に寄り添わない姿勢が、齟齬そして誤解を招き、すれ違っていきかけてしまう……

    飛躍してしまうが、昨今言われる「働き方改革」「保育園落ちた日本死ね」「イクメン」は本来、家族の在り方――
    父親、母親、そして子供の関係を見直すこと、性別役割分担ではなく、それぞれが関わることが親子・家族の姿であることを見直す話ではなかったか?
    続きを読む

    投稿日:2017.03.26

  • Garak

    Garak

    大好きなマンガのひとつ。

    女性ならぜひ読んでおいてほしい、重い話がおおいけど本当に考えさせられる。

    主人公がいい感じに主張してこないから
    ストーリーにぐんぐん引き込まれる。

    今回も泣いた…
    置き去りの子の話はヤバかった。

    これ実話なんだよなあ。
    続きを読む

    投稿日:2016.12.24

  • みやび

    みやび

    友人が「おすすめ」と貸してくれた漫画。
    伊藤理沙や西原理恵子みたいな絵の雰囲気から、ほのぼのとした話が連想されるのだが、その内容は一貫してハード。

    作者がバイトで入った産婦人科が舞台となっている。
    まず第1話が人工中絶の話。ピンセットでつままれてエタノール漬けになり、光に当たることなく火葬される胎児を想う作者。後でこの胎児らに童謡を歌ってあげるシーンが何回か出てくる。
    作者の優しさと母性ににいくらか救われる。

    その後、化け物みたいに巨大な母親に食い物にされる娘や、出会い系でだまされて妊娠し、出産するが果敢に育児を行う中学生、義父に性虐待を受けるが、実母への想いから被害について正直に話せない小学生等が登場する。やるせない気持ちになる時もあるが、最後の方で必ず救いがある。
    しかしこの漫画の凄いところは「こうですよ」とあえて正解を出さず、価値観を押し付けず、読み手に解釈を委ねているところである。

    世の中には色々な人がいる。
    光の当たらないまま葬られる胎児と同じように、こんな話はいくらでも存在するのだと考えさせられる。
    しかし、それにしても、母の強さよ。
    子どもを産むことで、なぜこんなに変われるのか。

    この漫画を読んで、私も少し強くなった気がする。
    続きを読む

    投稿日:2016.11.24

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。