マリコ、炎上

林真理子 / 文藝春秋
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
1
4
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • トミー

    トミー

    いつものわたくしにとってのマリコ様。
    面白くないはずがない。
    気が合う「ワタクシゴトキガ、この横着」
    考えが一緒。
    そうそうといいながら笑い転げてる。

    違ったことがある、前から存じてることではあるが
    マリコ様は片付けられない
    近くであれば、この片付け魔、捨て魔
    お力をお貸し申し上げたいー(いらないちゅうに)

    ーおかたづけその2ー
    本文より
    片付けの本を出している
    専門家に聞きたい!

    マリコ様のかの夫は
    夫に「捨てて欲しい」といったところ、
    「自分のものを捨ててから言え」

    「とにかく俺の物はいじらないでくれよ。触るなよ」

    「こういう配偶者を持ったら、どうしたらいいんでしょうか」
    亭主ごと捨てろ、という意見もあるかも知れない。

    うん、これなかなかいい。
    自分も経験してる、

    こっそり新聞に包んで、夫のものを
    捨てたところ
    彼奴は、拾ってこられましたわ。
    ツメが甘かった。

    とにかく面白い。
    自分の経験なんてたかがしれてる。
    まあ、マリコ様を通じての
    擬似体験はやめられまへんわ!

    相変わらず親戚のおばちゃん感覚で楽しいたらありゃしない。
    続きを読む

    投稿日:2020.11.07

  • yuki4

    yuki4

    まあ文春連載のコラムなので
    世俗的ですけどね

    俗物根性了解で書いているので
    もうそういうもんだと思って
    読むだけ

    でも作家だけあって
    骨のある、本音だったりするので
    自分にはない視点を知れたりする
    単なる週刊誌の記事とは違うところ

    でも
    もっと情緒ある、
    それでいて人生の深淵を垣間見れるような、
    うーんと思わず唸るような真理を穿った話、
    できれば養老孟司や中野孝次みたいな…
    なんてことは考えてはいけない。
    っていうか彼らは小説家じゃないし
    続きを読む

    投稿日:2018.02.10

  • にゃんこ

    にゃんこ

    たびたびネットで炎上騒ぎを起こしている真理子さん。
    初めて騒ぎのネタとなった文章を読んだけれど
    どうしてこの内容で炎上なのか。。。
    作者も書いているけれど、都合のいいところだけを継ぎ接ぎされて一方的に非難されたのでは
    たまったもんじゃないだろう。

    願わくば真理子さんには、これからも思ったことをどんどんストレートに書いてほしい。
    声を上げなくても、きちんと理解している人が大多数なのだと思・・・いたい。
    続きを読む

    投稿日:2017.02.06

  • くんくん

    くんくん

    やっぱり変わらないマリコさん。秘書のハタケヤマさんもだいぶお歳を召したのでしょうけれど、変わらずマリコさんを支えていらっしゃるようです。

    投稿日:2016.11.17

  • 383716v2

    383716v2

    タイトルの元となったエッセイ。まったく同感!
    そしてこういう事件は繰り返される。
    悲しいかな母親になるべきじゃなかった大人、いると思う。

    投稿日:2016.09.13

  • Sayaka

    Sayaka

    このレビューはネタバレを含みます

    林さんのエッセイ、たまに雑誌でみかけるけれど、こう1冊にまとまっているものを読むのは初めてかも。
    と思って、このブクログの自分の本棚を検索すると『野心のすすめ』を読んでいた(^^;)

    でも時事ネタのエッセイは、やっぱり初。
    面白い! 
    代弁してくれていて、いいね! を押したい気になる箇所多数。
    もう大きな括りでは、林さんと同世代だからかしら。
    どれが 炎上したんだろう? 載っているの全部?

    あと途中に書いてあった、「本が売れない時代になった」という点。
    すみません、私もこれは図書館で借りました。
    でも、自分で買うものもあります(あとは、妹、主人が買ったのを譲受け)
    でも収納の問題あり、ヤフオクとかブックオフとかで売ってしまいます。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.09.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。