ワールドトリガー 14

葦原大介 / 週刊少年ジャンプ
(7件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
2
3
1
0
0
  • 新たな敵現る!

    次のランク戦が楽しみだ!と言いたいところですが、ここでランク戦は少しおやすみで別の話がこの巻からはじまってきます。
    この巻自体ではあまり戦いはありませんが、迅の予知や玉狛の新たな戦略などがどう生かされるかなどこれからがすごい楽しみになる内容でけっこう楽しめました。
    また、この巻でもう一つ気にさせられるのがヒュースのこれからです。迅の予知や本人の考え、また新たな敵の思惑など様々な情報が出てくる中、どうなっていくのかがすごい楽しみにさせられる一冊でした。
    続きを読む

    投稿日:2016.03.06

ブクログレビュー

"powered by"

  • k

    k

    このレビューはネタバレを含みます

    心臓に悪い展開が続く……ランク戦でほのぼのしてるかと思いきや、そりゃネイバーとの戦いは終わってないわな。
    修も頑張ってヒントをもらって開花するきっかけを掴みかけてるけど、どうなるのかな?ランク戦続行かと思ったけど本部が狙われてたら駄目か?!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.05.01

  • R

    R

    ランク戦の横で、再び敵に侵攻されているボーダー達。どうしよう、人数が増えすぎてちょっと間を開けるとほんとに誰が誰だかわからないよ・・・。今回は敵も普通の人間の姿してるもんだから(前みたいに角がない)ほんっとただの先輩なのか的なのかページをめくった瞬間わからない。ストーリーは面白いんだけどね。でも、もしかしたらメインターゲットの世の子ども達はこんなの屁でもないのだろうか。。続きを読む

    投稿日:2016.10.09

  • tukusi801

    tukusi801

    なんだかんだ木虎がいちばんの
    修の理解者なのかもなあ…
    このまま主人公が急激に強くなることなく
    弱いなりに頭を使って闘うスタンスを
    続けて欲しい
    影浦隊とヒュースがかわええよう

    投稿日:2016.03.07

  • ヤマスカ

    ヤマスカ

    木虎の素直じゃないけど悪い人じゃない、ちゃんと三雲君のことを考えたアドバイスは葦原さんらしく。
    新たな侵攻篇、楽しみです。

    鳩原さんは、BBF見てみても、かなり重要な、貴重な立ち位置だったんだなぁ。

    投稿日:2016.03.06

  • 14oclock

    14oclock

    のっけからクライマックス。修と迅さんの会話、改めて読んでも面白い。迅さんは修が要求することは分かっても、そこに至るまでの修の思考は分からないんだよな。相変わらず迅さんと修の距離感が絶妙。

    カバー裏は東隊ー東さん、ひゃみさん、ヒカリちゃん、エネドラッド。続きを読む

    投稿日:2016.03.05

  • tsukimi53

    tsukimi53

    修が頑張って成長出来るか。修の成長何回目だ(笑)木虎ちゃんが厳しくもスゴく的を得てて好きだなーと思う。
    あと三輪くんに無視される太刀川さんと食欲旺盛なヒュースくんもポイント高い。
    葦原先生の漫画はいつも真面目な中にふっと気を抜ける笑いと癒しがみられるから好き。続きを読む

    投稿日:2016.03.04

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。