恋愛格闘家

アルテイシア / 幻冬舎単行本
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
3
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • fumiko169

    fumiko169

    印象的だった部分。あとがきより
    自分の心の声を聴いて「オリジナルな答えを見つけてやるぜ!」てパワーを損なわないようにする方がよっぽどいいよ。

    誰の意見も鵜呑みにせず参考程度にって所が恋愛だけでなく他にも通じるところがあるかなと感じました。続きを読む

    投稿日:2014.07.08

  • pajama2020

    pajama2020

    恋愛格闘家
    アルテイシア



    過去のレビューでも書いた「59番目のプロポーズ」の著者、アルテイシア氏。

    この本は、運命の「59番」と出会う前の、つまり0~58番目までの男たちとの戦いの歴史である。

    「悪気なく仁義なき男」篇ではかなり感情移入してしまった。

    けれどその分強く、「前に進みたい」と思えた。

    エグいけど、これが現実。

    彼女の言葉はいつも、とても良い薬になる。
    続きを読む

    投稿日:2012.12.24

  • 有坂汀

    有坂汀

    僕は恋愛に関するエッセイはまったく読みませんがこの人の恋愛エッセイは表紙が物語っているとおり、どっぷりと血にまみれております。59番と出会って結婚するまでの彼女の恋愛における58連敗の壮絶な記録です。

    今や恋愛に関するエッセイといえば彼女を最初に思い浮かべるほど有名になってしまった間によるアルテイシアお姉さまが59番目に出会ったヲタク格闘家と結ばれる前の58連敗の記録です。でも58人全てではなく、特に関係の濃かった、もしくは恋愛におけるターニングポイントになった6人をピックアップしてそのエピソードを開陳しておりますが、そのどれもがものすごく濃ゆい男女のことで、社会で仕事や恋愛の経験を重ねている「キャリアウーマン」な女性ってここまでのことを経験しているのかと思うとぞっとして思わず背筋に寒いものを感じました。

    読んでいて特に思うのは自分が男だから特にわかるのですが、いざというときにむき出しになる弱さやずるさがこれでもかといわんばかりに抉り出されていて、自分がもし、女性と向き合っていて、修羅場などの状況になってしまったときにここに書かれているような『仕事のできる男』や『悪気なく仁義なき男』のような態度をとってしまうのかもしれない…。と思い、しばらく愕然としました。

    でも『自分には前があるんです男』のような『濃い』世界に生きていた男の一途さには同じ男として好感が持てましたし、『社内で結婚したい男№1』との恋愛には、アルテイシアさんの複雑さが見え隠れしましたよね。アマゾンをさっき見たらこの本は今出回っていないらしく、一刻も早い増刷を祈っています。
    続きを読む

    投稿日:2011.08.14

  • nyuna

    nyuna

    結婚したくてたまらなかった時期に何度も読みました。
    自分の幸せのために必死にもがくアルさんの姿をみて、
    私も絶対幸せつかむぞー!と奮い立たされた一冊。

    投稿日:2011.05.17

  • 悠璃

    悠璃

    一世を風靡した「59番目のプロポーズ」の作者さんが書いた二作目の本。アルテイシアさんと59番さんのその後を知ることが出来ます。座談会の内容がかなりリアル(笑

    投稿日:2009.01.08

  • サララ

    サララ

    最後にアルさんは59番と出会えてよかったなぁと祝福したくなる。それにしても,身勝手な男って多すぎるよな・・・

    投稿日:2006.11.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。