ヴァイキング、ヴァイキング

シャーロット・マクラウド, 高田惠子 / 東京創元社
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 5.0
1
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • 0071

    0071

    このレビューはネタバレを含みます

    農業大学教授、ピーター・シャンディのシリーズ第3弾

    あらすじ
    若手新聞記者が、104歳女性のインタビューをしに農場へ行き、作男が生石灰を浴びて死亡するところに出くわす。彼は、代々地主の家系の数少ない一人だった。さらに記者は、女性とその甥の農場で、ルーン遺跡らしきものを見つける。


    ルーン遺跡や、大事な農地を巡って、昔気質の農家や、アメリカのドラマに出てきそうな、悪徳不動産が騒動を起こす。ちょっと家系図がややこしかった。同じような名前が多いし。事件そのものも、半径数キロメートルぐらい?のこぢんまりしたものだが、農家の気持ちをくんだ、学長をはじめとする大学全体や、近所の人たちが奮闘するところにぐっときた。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.01.07

  • fattycatlover

    fattycatlover

    シャンディ教授シリーズ第三弾。

    いやはや、大学教授たちのお茶目さが相変わらず炸裂。
    下院議員の一団にお下劣な冗談を言ったり、
    発見されたヴァイキングの石碑を大学が誇る雄牛に守らせたり、
    重輓馬やガチョウも狩り出され、
    照明を求めて人の車の配線をいじってライトを点けっぱなしにしたりと、
    かなり笑わされる。

    それでいて、農業を愛し、農地を守ろうとする姿勢にはなぜか胸が熱くなる。

    そしてこのシリーズのもう一つの美点、
    妙齢のカップルが誕生する点においても今回は最高齢!
    しかも言葉も通じない異国の花嫁になるとは。
    面白すぎる。
    続きを読む

    投稿日:2016.05.26

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。