巴(ともえ)御前(一)

松本利昭 / 光文社文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.5
1
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • goronyan

    goronyan

    文献の少ない巴御前の生き様を生き生きと描いた小説です。
    巴御前はきっとこの小説のような女性だったのではと思います。
    この小説の巴御前が一番好きです。

    投稿日:2011.03.21

  • BullMan

    BullMan

    全3巻。
    春日局書いた人。
    なかなか無かった巴御前。
    の、長編。

    視点が木曾側で新鮮。
    巴御前が軍師な設定。
    思想もなるほどって感じ。
    全然イメージ違う。
    山猿じゃない。
    こういう考え方もあるのね。
    ちょっと良く書き過ぎじゃないって感があるけど、
    割としっかりした調査に基づいてるっぽい。
    つくづく勝ったもんのものね。
    歴史。

    文章は読みやすい。
    子供にも読みやすいんでないのくらい。
    余計なことしないでお話を作ってる感じ。

    とても面白かったけど、
    なんかぐっと来る力が無かった。
    自分が男子だからなのか。
    熱いって感じじゃないのかも。
    女の人が書いたっぽい。
    おじいちゃんだけど。
    作者。
    でも久しぶりにストレスフリーで楽しめました。
    続きを読む

    投稿日:2009.03.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。