灼熱カバディ(1)

武蔵野創 / 裏少年サンデー
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
1
1
0
0
  • 鬼ごっこ+ドッチボール+追い込み漁を合わせたようなスポーツ

    カバディとは、攻撃手(鬼)が、カバディと息づきなしで連呼している間だけ、敵の陣地に入り、1人~7人をタッチして戻って来る。攻撃手は敵の陣地にいる間は息づきなしでカバディ連呼してなければならず、敵もタッチされないように回避したり、攻撃手を逃がさないように捕まえたりと、駆け引きと複雑なルール、攻防の切替の速さ、肉体同士が激しくぶつかり合いをするので、なかなかハードなスポーツ。らしい。

    主人公の宵越は中学生の時、雑誌に取り上げられるほどドリブルがうまいサッカー選手。
    しかし、チームメイトとうまくいかず高校では帰宅部になる事を決意。だが、サッカー部からは勧誘される、カバディと言うネタスポーツからお誘いを受け・・・
    見学に行ったらカバディはネタスポーツでは無い、道具を一切使わない格闘技に近い激しいスポーツだった。副部長の井浦の策略にはまり、宵越はカバディ部へ入部する第1話。
    宵越はカバディでも倒されない、攻撃手になれるのか・・・

    そこから初心者宵越と共に読者はカバディのルールの把握、カバディの魅力を一緒に味わうと言う流れで、宵越とチームの成長を見ていく。カバディは普通7対7(人数が少なければ5対5も)なのだが、部員数が初心者宵越を入れて5人。
    今、怪我で入院中の部長の王城が戻ってきても6人で、まだ7人には足りず・・・

    次回は部長の復帰と、部長のツテで組めたカバディ強豪校との5対5の練習試合の巻。
    4コマもかなり面白い内容で、あまりのシュールさに私は笑ってしまった。
    絵も綺麗で、私にとっては未知のスポーツでもあり、かなり先が気になるスポーツ漫画でした。
    続きを読む

    投稿日:2017.05.15

ブクログレビュー

"powered by"

  • kagurin

    kagurin

    このレビューはネタバレを含みます

    2年ほど前に知り合ったバングラディシュ人がいまして、
    いろいろ話しててなんかの拍子に国技の話題になったんだと思う。
    日本の国技ってなんだ?
    相撲?
    剣道?
    柔道?
    実際は国技って無いんですよね日本。
    で、
    バングラディシュはカバディなんだって!
    で、
    バングラディシュ人は静岡に引越し、
    今度はネパール人と知り合う。
    で、
    カバディの話になってきになったわけです。
    バングラディシュの人と知り合った時に知ってたけど、
    買わず読まずで、
    今回のネパール人と知り合って読むか!
    と、
    思ったのがこの灼熱カバディですな。


    ちなみに、
    いまだにルールがよくわからんし、
    実際に、
    やってるところも診てないんで詳しく知りたい方は自分でぐぐって。


    1話・カバディってなんだよ
    中学のときはサッカーで有名な選手だった「宵越竜哉」は、
    高校ではスポーツしない宣言!
    でも、
    「畦道相馬」にカバディ部に誘われる。
    で、
    いわゆる、
    脅迫されてテストを受けることになり、
    もちろん、
    テストは賭けの対象になってて、
    そのテストで負けたら入部ってパターンで入部決定!


    2話・繋がる男たち
    真面目に部活しちゃう「宵越竜哉」がかわいいね。
    で、
    攻めるのはいいが、
    守りは数人で手をつないでチェーンってのを作る!
    これが突破できなくって「宵越竜哉」は熱くなってる!


    3話・ハット・トリック
    これだ!
    っていうチェーンの攻略法を見つけて挑む「宵越竜哉」
    で、
    上手くいっちゃったパターン。


    4話・カバディ部親睦買い物作戦
    で、
    親睦を深めるためにグッズを買うパターン。
    からの、
    畦道さん彼女がいるの?
    嘘でしょう?!
    嘘だぁー!


    5話・超えちゃいけないライン
    1年生対2年生。
    鉄板な展開ばっかりですが、そこがいい。
    つか、
    ボクシング漫画か?
    違うかな?
    んー。
    どこかで同じシーンを見た!
    思い出せないのがくやしい。。。


    6話・ベストなカタチ
    これだけ激しいと、
    ケガばっかりな気がしない?
    絶対にやらないな!


    7話・灼熱の世界へ
    と、
    正式にカバディ部に入部ですね「宵越竜哉」
    1巻読んでつまらなかったら止めてよし。
    ルールとか、
    よく分からんでも3巻までは楽しめるよ!
    byかぐりんは3巻まで買って読んでます

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.01.13

  • herusian

    herusian

    知らない世界を覗く楽しさ

    おそらくカバディのルールを理解している人は千人に一人も居ないだろう。そんなマイナー競技に着目し、これだけしっかりとした成長の物語が描けているのは奇跡に等しい。ウェブ漫画であるがゆえに連載出来ているのもあるだろうが、やはりまだまだ紙媒体の週刊誌が認知度が高い。ぜひ沢山の人に知ってもらいたい作品の一つ続きを読む

    投稿日:2017.11.29

  • ノーネーム

    ノーネーム

    なんて熱いスポーツ漫画なんだ!!と読んでいて思いました。
    主人公同様、カバディなんてネタスポーツでしょ?と思っていた灼熱カバディを読む前の僕を殴ってやりたいです。
    それほどまでにカバディというスポーツの競技としての面白さが伝わってきました。
    灼熱カバディを読んでカバディの競技人口が増えることを祈ります。
    続きを読む

    投稿日:2016.02.29

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。