獄中記

佐藤優 / 岩波現代文庫
(30件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
8
15
3
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ゆう

    ゆう

    佐藤勝の本を読むと「がつがつしたビジネスマン」気分で、刻苦精励し知的能力の向上に勤しみたくなる。受験生活を放棄しやがて奔放に近い一人暮らしを始めた高校三年生のころには、手にすら取らなかった参考書を、大人になってから数十冊くらい買った。特に歴史系。あと、読解技術や作文技術の向上を目的とした参考書など。
    新宿紀伊国屋で、対談本にあたる『平成史』の刊行記念として、対談者と佐藤を招聘したトークショーがあった。これは参加したかった。結局いってないが。
    『15の夏』は、冷静な宰相の頭に蓄えられた芳醇な青春のエキスがにおいたつような、良質の紀行文学として読んでみたい一冊。
    続きを読む

    投稿日:2019.09.18

  • huton

    huton

    ハイエク
    ハーバーマス
    監獄の誕生
    ローレンツ『ソロモンの指輪 動物行動学入門』ー刷り込み
    旧約聖書
    沈黙
    太平記
    灰色のユーモア
    など、言及されている本も読みたくなる。

    投稿日:2019.05.08

  • piyocom

    piyocom

    獄中生活と入院生活は、少し似てると思った。ほんの少しだけど。
    ・いつ出るか自分で決められない
    ・食生活が普段より健康的
    ・読書くらいしかすること(できること)がない

    投稿日:2019.01.13

  • largeaslife

    largeaslife

    真実がどこにあるのかはわからない。
    わからないが、512日間の強烈な精神力がここに描いてあった。
    真似などできるものではない。

    [more]
    (目次)
    第1章 塀の中に落ちて―二〇〇二年五月二〇日(七日目)から七月二八日(七六日目)まで
    第2章 公判開始―七月二九日(七七日目)から九月二七日(一三七日目)まで
    第3章 獄舎から見た国家―九月二八日(一三八日目)から一二月三一日(二三二日目)まで
    第4章 塀の中の日常―二〇〇三年一月一日(二三三日目)から六月一五日(三九八日目)まで
    第5章 神と人間をめぐる思索―六月一八日(四〇一日目)から八月二八日(四七二日目)まで
    第6章 出獄まで―八月二九日(四七三日目)から一〇月九日(出獄後一日目)まで
    付録
    続きを読む

    投稿日:2018.10.12

  • もの知らず

    もの知らず

     鈴木宗男氏の事件で勾留された筆者の、猛烈な思索の記録。プロテスタントとして神学を軸にしながら、ヘーゲルやハーバーマスとの対話を通じて事件の整理を試みる。

     筆者(と鈴木氏)は、一連の「汚職事件」を国策捜査であるとし、鈴木外交の国策としての正統性をかけて裁判に臨む。それと並行して、この事態の分析を進めてゆく。その分析の原動力が、獄中での圧倒的な読書。

     筆者は、元官僚、外交官として、国策捜査の必要性を認めている。しかしながら、小泉政権の判断は間違っていると明言している。反対に政権から見れば、革命的に物事を断行するのに、鈴木氏の存在、思想ははなはだ都合が悪かったということなのかもしれない。

     そこで、鈴木氏らを「悪者」とし、断罪することで、時代を新たな方向へ進めることを可能にした。国民もそれに賛同した。

     しかし、「新たな方向」が、望ましい方向とは限らない。すべては、歴史が明らかにするだろう、と筆者は見る。

    さてさて、どうなることやら。
    続きを読む

    投稿日:2018.05.15

  • えむお@インデックス投資ブロガー

    えむお@インデックス投資ブロガー

    塀のなかにいることを
    ある種楽しんでるよーな?

    もしくは

    せっかくの機会だから活かそうとしているのか?

    どちらにせよ
    一般人からすると奇人変人の類い


    知の巨人という渾名も分からんでもないです続きを読む

    投稿日:2016.10.05

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。