美学

アレクサンダー・ゴットリープ・バウムガルテン, 松尾大 / 講談社学術文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 2.5
0
0
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • nt

    nt

     やたら分厚い文庫本だが、「美学」なる概念を初めて呈示したということで歴史的に重要な書物、ということになっている。原著の第1巻は1750年。1750年ということはJ. S. バッハの没年であり、モーツァルトの生まれる6年前であり、カント26歳、ゲーテは1歳である。
     この著者が非常に偏っているなと思ったのは、引用・言及するのがすべて古代ギリシャ・ローマの詩人・著作家のみだということだ。美学と言っても扱う芸術は「詩」に限定されているが、ダンテ(13-14c)すら出てこない。
     しかも、美について論じているはずなのに、延々と弁論術や哲学上の真理や「徳」についてばかり、延々と語っている。この偏屈な著者の頭の中の世界は、そういうごっちゃになった価値体系の蒼穹を描いているらしい。
     本書よりも、彼の講義を平易な言葉でまとめたマイアーという人の本の方が当時広く普及したらしいから、文化氏的にはよほどそちらの方が重要なのではないか。そっちを読んでみたいと思う。
    続きを読む

    投稿日:2021.08.15

  • Yu Kino

    Yu Kino

    いや、74ページとかで断念

    資料的価値以上のものを読み取れず。

    当時、感性の学を目指したという旗揚げに価値を感じるものの、今日、どこまで読むべき価値があるんだろう?

    少なくとも今は見出せないので、取り敢えず次へ。
    すんません。
    続きを読む

    投稿日:2020.08.12

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。