ななつぼし洋食店の秘密

日高砂羽, 山岡進 / 集英社オレンジ文庫
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 3.1
0
2
5
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ゆづき

    ゆづき

    関東大震災から一年半、行方不明の異母兄の店主の為に洋食店を守る、没落華族の令嬢の十八歳の十和子が、新興企業の若社長で三十歳の桐谷と自分に一切干渉しない事を条件に婚約する。利害で繋がった二人が少しずつ近付くほんわりとした温かさが良い。時代柄故の取っ付き難さは全くなく、着物が華やかでお料理が楽しかった。続きを読む

    投稿日:2018.10.12

  • 永杜

    永杜

    没落華族である主人公は、自分に一切干渉しない夫を
    探し続けて、ようやく条件の合致する人と婚約する事に。

    完全に干渉しない家庭を望むのはどうしてなのか。
    蓋をあけてみたら洋食屋で、元の持ち主がいる、という
    不可解なもの。
    当然ちらちらと謎が解けていくわけですが
    その気持ちが贖罪なのか、流されてなのか。
    どっちでもいい感じがしますが、確かにこれは
    周囲から見たら、恋人を待っているかのよう…。

    案外婚約者になる予定の彼も、付き合いがいいです。
    年が離れているからこそ、の余裕かも知れませんが。
    そして懐がでかい。
    あの台詞、稼いでないと言えないです。
    続きを読む

    投稿日:2018.04.10

  • ひるあんどん

    ひるあんどん

    このレビューはネタバレを含みます

    関東大震災後の東京下町が舞台。お互いの利益のために干渉しないことを条件に結婚を約束した華族令嬢と新興企業若社長。ご令嬢なのに洋食店を守って腹違いの兄を待ち続ける十和子は無鉄砲・世間知らずで、桐谷さんもほっとけなくなるよね。形だけの結婚のはずがどんどん二人の距離は近づいていて、続巻があるなら読みたいと思った。カルピスて大正時代からあるんですね、知らなかった。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.02.18

  • 相沢泉見

    相沢泉見

    変わった表紙だな、と思ったらこれは起こし文(起こし絵)になるんですね。江戸時代の料亭・八百善みたい。

    没落家族の娘・十和子は事情があって、友人のハルと洋食屋を経営している。十和子の目的はとにかく洋食屋で、結婚相手に求める条件は「十和子のやることにあれこれ口を出さないこと」。そんな十和子にとって、事業拡大のために華族との縁を求めている若社長・桐谷は格好の縁談相手だった。
    一方の桐谷も、結婚自体には乗り気ではないが、周りがとやかく煩い。拍を付けるためもあり、華族の十和子との縁談にはメリットがある。
    こうして二人は互いに政略結婚だと自覚し、相手に踏み込まないうわべだけの夫婦になると決め、婚約をする。

    桐谷には死に別れた妻がいた。生きている間、仕事ばかりにかまけて妻を放置していた自覚のある桐谷。
    妻には別に想い人かいたのではないかと疑ったまま、妻と死に別れた過去を持つ。
    一方、十和子が洋食屋を営んでいる理由は、もともとこの洋食屋をやっていた一哉という青年のため。
    一哉は関東大震災の日、十和子を探していて災禍に巻き込まれ、行方不明になった。
    実は一哉は十和子の義理の兄。十和子の親が不義理をして、一哉が路頭に迷うことになった。一哉自身はそのことを知らず、十和子もいつか打ち明けようと思ったが、そうならないまま離れ離れになってしまう。
    十和子は一哉が生きて帰ってくると信じ、洋食屋を続けている。

    互いに政略結婚で行こうと決めたのに、桐谷は十和子を助け、十和子は桐谷が抱いていた亡き妻への誤解を解くために奔走する。
    どこまで踏み込んだらいいんだろう、と不器用に悩む様がとても良かったです。
    関東大震災という歴史的な災害が内容と絡まりますが、実はこの年、私の祖父が生まれました。その当時の東京の様子が描かれていたのも良かった。
    続きを読む

    投稿日:2017.12.01

  • yumi27kosokoso

    yumi27kosokoso

    え?これで終わり?と思った終わり方。

    続編が出るならわかるけど、んー。

    出たとしても読まないかなぁ。


    2017.9.14 読了

    投稿日:2017.09.14

  • 【静】

    【静】

    傾きかけた家族のお嬢様と新興のお金持ちとの政略結婚。利害の一致から始まる恋物語で、ストーリーの骨組みとしては目新しくはないものの、安心して様式美に浸れるし、読み心地は良かったです。行方不明になってしまった義理の兄は、やはり間柄を知らないまま十和子に恋心を抱いてしまっているのでしょうか?それとも指輪は別の人あてか?その辺が今後知りたいところです。続きを読む

    投稿日:2016.05.18

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。