「忙しい」を捨てる 時間にとらわれない生き方

アルボムッレ・スマナサーラ / 角川新書
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 2.7
0
1
1
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • 共立女子大学図書館

    共立女子大学図書館

    https://libopac.kyoritsu-wu.ac.jp/gate?module=search&path=detail.do&method=detail&bibId=1000081003&bsCls=0続きを読む

    投稿日:2020.09.24

  • y_doka

    y_doka

    なんじゃこりゃ。著者は偉い人らしいが、内容は単なる無知なおっさんがだべってるだけじゃねーか。

    仏教はかなりロジカルな教義体系であるはずなのだが、なぜにこんな人が出てくる?

    投稿日:2018.02.10

  • reader93

    reader93

    著者はスリランカ上座仏教の長老。
    「寿命=一生」つまり人間にせよ植物にせよ、家にせよ、生を終えた時が寿命を全うしたということ、だから悲しむ必要はないという考えはなるほどねと思いましたが、愛する人を突然、または突然でなくても早く亡くしてしまったりしたらこんな風に考えるのは正直難しいでしょう。

    また日本人の考え方をけちょんけちょんに批判してくるのには反感を覚えてしまう。日本人は保守的で変化を嫌がるというようなことが書かれていましたが、我々日本人は保守的な部分は確かにあっても、変化も割と受け入れていると思います。あとヒンドゥー教のことも少し下に見ている感じで書かれていて第三者として読んでも気分が良くない。

    良い宗教家というのは、自分が信じるものと違うものを信じる人々をもおおらかに受け入れ理解するべきなのではないでしょうか。
    ともあれ、今この瞬間が大切というのには賛同します。
    続きを読む

    投稿日:2018.01.31

  • たて

    たて

    このレビューはネタバレを含みます

    ものごとは常に変化する。
    人間は常に新しい変化を求める。

    時間とは主観的な感情
    人によって異なる時間の感覚
    自分たちで作った時間という概念に支配されている

    輪廻とは、始まりの点も終わりの点もない、絶え間のない流れ
    flow,stream,flux、つまり流れ

    心が別な心に変化する時間:瞬 khana
    17分の1ナノ秒で変化する

    時間に追われているのも妄想

    何事もやってみないとわからない
    ハードルが高いほうが人生は刺激的になる

    やらなければならないことから取り組む
    その時、その時に応じた生き方をする

    命にはタイムリミットがある
    死ぬ瞬間は苦しくない

    他人の評価にこだわらず、気楽に考える
    人は変化するものにこそ、感動する

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.01.28

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。