東京喰種トーキョーグール:re 5

石田スイ / 週刊ヤングジャンプ
(13件のレビュー)

総合評価:

平均 4.1
3
6
2
0
0
  • やっとまとめて読める喜び!

    まるでジェットコースターに乗っているような場面展開で、息もつかせず読了しました。「赫子の力はイマジネーション」という台詞が出てきますが、これが週刊連載の漫画と思うと作者のイマジネーションは驚異です。
    電子書籍としてのメリットは言わずもですが、この作品に関しては、特にそのメリットを享受することが出来ます。
    最近の雑誌連載をご覧の方はご存知かと思いますが、紙への印刷では石田スイさんの精緻な書き込みに印刷が付いて行けずに、黒く潰れてしまうのです。コミックスとなり上質紙への印刷では多少改善されるものの、印刷とデジタルではその差は歴然です。場面場面にタロットの数字や伏線が散りばめられている東京喰種だからこそ、強く電子書籍版をお勧めします。

    期間限定ですが、ヤングジャンプ特設サイトにて5巻の続きが読めるようになっています。但し、こちらは電子書籍版と比べてかなり低解像度になっています。
    カネキ節炸裂、クインクスの奮戦、何よりもシウ様ファンの方必見ですよ!
    続きを読む

    投稿日:2015.12.20

ブクログレビュー

"powered by"

  • MMD

    MMD

    このレビューはネタバレを含みます

    「私があなたの神様になってあげる──」進捗をみせる「ロゼ」討伐作戦の最中、“個"を発揮し始める、歴戦の捜査官たちと、次第に“空白の20年間"に迫る佐々木琲世。疑問と真相の輪郭が、徐々に姿を現してゆく。一方、主・月山習のため、ハイセらQsの面々を消そうと画策するカナエは、「アオギリの樹」と接触を図る。月山家に近づく、数多の足音。そして、景色は縫われる。片眼が紅く蠢く存在によって──…!(Amazon紹介より)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2018.11.04

  • domarin

    domarin

    記憶を求めようとし始める排世の行動と月山の思惑がギリギリのところですれ違うような切ない展開に魅せられる。激しい戦闘部分も魅力だとは思うが、「交感」というか、そう言った部分の見せ方が一番うまいと思える巻だった。
    カナエの扱い方は意外な方向に転がっていったがそれもまた月山に向ける感情面から来る結果だし…。
    こういう部分が上手いので、今回の捜査官側の扱いはもっと色々な面を見せて欲しかったという印象が強い。出てきたばかりのキャラクターの消費が早いのも作風だとは思うが、まだまだ描けることはあるんじゃないだろうか。
    続きを読む

    投稿日:2018.07.28

  • 夢色

    夢色

    このレビューはネタバレを含みます

    【あらすじ】
    「私があなたの神様になってあげる――」 進捗をみせる「ロゼ」討伐作戦の最中、“個”を発揮し始める、歴戦の捜査官たちと、次第に“空白の20年間”に迫る佐々木琲世。疑問と真相の輪郭が、徐々に姿を現してゆく。一方、主・月山習のため、ハイセらQsの面々を消そうと画策するカナエは、「アオギリの樹」と接触を図る。月山家に近づく、数多の足音。そして、景色は縫われる。片眼が紅く蠢く存在によって――…!

    【感想】

    レビューの続きを読む

    投稿日:2017.07.30

  • R

    R

    ずっと放置していた:reを再開するにあたり、もう1回1−4巻を読んだのだけど、やっと理解できたぞ!さすがに3回くらい読むと:reの人間関係がわかって面白く読めるようになってきた。
    無印の方でも好きだったキャラの月山さんが:reではホント可哀想なことになってて胸が痛い。自信家で変態な月山習がよかったのに…!
    鈴屋什造ちゃんは相変わらず天使。
    続きを読む

    投稿日:2016.12.03

  • zessy

    zessy

    レンタルでちょっとずつ読んでやっとここまで。続きももちろんだけど、どう終わらせるのかが気になるなあ。

    投稿日:2016.07.30

  • himahimao

    himahimao

    このレビューはネタバレを含みます

    面白かった点
    ・月山執事の献身
    「胴体・無用!」がもののけ姫みたいだった。
    松前姉さんも、最後何であんな感じ悪いのにやられなきゃいかんのか歯ぎしり。最後の愛が詰まってて壇ノ浦みたい。苦労知らずでいつも気づくのが遅い習さまにため息。

    モヤっとする点
    ・KANAEとエト
    忠誠が歪むから色恋設定いらなかったんだけど、「この世界は間違ってる」って創世記にかけたかったからか。あとシロクロの時も思ったけど、嬉々として他人の傷口を掻き回すエトが性格悪いなあと。地獄を這う道連れをもっと増やしたいのかどうなのか。

    構成
    皆の目的地が「屋上」とはっきりしてる分、オークションの時より交戦地がバラけても混乱しなかった。追い詰められるのが坊ちゃまだし執事も必死だしで戦いも濃かったと思う。謎はあまり回収されず、むしろまた思わせぶりに増えてる。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2016.03.15

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。