またまたトリック、あばきます。サエと博士の探偵日記(2)

石崎洋司, 藤田香 / 講談社青い鳥文庫
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ぢょせふ

    ぢょせふ

    「そのトリック、あばきます」の2巻目です。

    そういえば科学ミステリーだったのを思い出させる内容でした。

    「ガラスの龍は夜動く」は、

    以前小説(ドラマだったかな?)で読んだ(見た?)ことがあるトリックだったので

    すぐにトリックがわかってしまいました。

    よくある科学トリックなんですかね?
    続きを読む

    投稿日:2012.11.29

  • やお

    やお

    “「おじさん、おじさんったら……。」
    「むにゃむにゃ……。お、サエ!どうした、デザートがあまったか?のこしたら、もったいないぞ、おじさんが食べてあげよう。」
    そういうことじゃなーい!
    っていうか、食べ物になると、ぱっと目をさますの、やめなさいっ。
    「ん?」
    急に、光一おじさんの顔がまじめになった。
    「どうしたの?」”[P.85]

    2巻目。
    1巻の幕間にいた犬はサエの飼い犬だったのか。

    “「ほんとだ!サエ、すごいね!だけど……。」
    博士が、めがねの奥から、じっとあたしを見つめてる。
    「ほかにも、なにかあるんじゃないのかなぁ。」
    なによ、そのいいかた。なんか気になるね。
    「え?い、いや、ほら、このふんいきからして、やっぱりこれは暗号だってことはまちがいなさそうだろ。だから、とにかく解読しなくちゃ。コロを助けるために!」”[P.141]
    続きを読む

    投稿日:2012.09.17

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。