消えた装身具

コリンデクスター, 大庭忠男 / ハヤカワ・ミステリ文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 2.0
0
0
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • pon2

    pon2

    ■説明
    大庭忠男訳

    ツアーによって、オックスフォードを訪れたメンバーが突然死んでしまい、
     その人が持っていた貴重な装身具がなくなってしまう。 という推理物です。
      最近見ていないですが、昔の火曜サスペンス劇場みたいなもので、その中でも
     ツアーに行った先で殺人。というようなカンジ。

      この物語自体は 「モース主任警部シリーズ」として テレビシリーズになったり
     ビデオ発売されている人気シリーズのようです。

    ■感想
     イギリス文学に詳しい方だったり、イギリスにいかれたことのある方だったら楽しめそうな
     感じはするのですが、あいにく、私は両方とも [no]なので、いまひとつ楽しめませんでした。

     でも、この手の本は基本的には好きなはずなので、どうして?と思い起こしてみると、訳者の
     文体になじめなかったのかもしれません。 最初から本に乗り切れずに、自分で英訳しながら
     読んでいるかのような違和感がありました。きっと好き嫌いがあるのかもしれません。
     (私は、どうも森鴎外の文などは とっつきにくいタイプです)
    続きを読む

    投稿日:2005.02.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。