イスラーム国(集英社インターナショナル)

アブドルバーリ・アトワーン, 春日雄宇, 中田考 / 集英社インターナショナル
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 4.8
5
1
0
0
0
  • 原著のサブタイトルは「ディジタル カリフ」

    彼らは急に現れた野蛮人集団などではなく、残虐性も込みで計算され尽くした最前線の運動であること、また、あの残虐性さえもオリジナルではないということを、イスラーム過激派などへの長年の直接取材と学究的整理を踏まえてまとめられた力作。特にサウディアラビア王国の及ぼしている力場を解析することで、とても見通しが良くなるところが感動的だった。
    超速で行われた翻訳も訳注もとても良かった。監訳者解説が端的で切れ味鋭く、これを先に読む方が理解の助けになるかも知れない。
    イスラーム国のある世界は、当分続くと思っておく方が良さそうだ。
    続きを読む

    投稿日:2015.11.19

ブクログレビュー

"powered by"

  • velikiy99

    velikiy99

    アルカイダなどイスラム主義組織の人脈を持つ著者の手になる,イスラム国の組織・活動の背景を解説した書籍.イスラム国とサウジアラビアは表向きの敵対関係の裏に,思想的な共通点があるというのは勉強になった.欧米でマイノリティとして差別を受け不満を募らせる若いムスリムがイスラム国に赴くという状況は,欧米の極右勢力の台頭と表裏の関係にある.本書から2年が経過し,イスラム国は有志連合に加えロシアの軍事介入により,その版図を大幅に狭めることとなり,国家としての性格は失いつつあるが,依然としてヨーロッパでのテロ活動が発生していたり,フィリピンの反乱など東南アジアに進出したりと,アラブ世界にとどまらない新たな局面を迎えているようである.続きを読む

    投稿日:2017.07.14

  • k0418

    k0418

    ビンラディン取材経験もあるパレスチナ人記者による、IS本の決定版。サウジアラビアとワッハーブ派の果たした重要な役割を特に強調している。量も質も類書を圧倒。ただ量が多く、また日本の読者にとっては詳しすぎる記述も多い。イラクとシリアでIS出現にいたる背景が詳述されている部分が特に長いか。

    従来の分析にはない数字もあり目を引く。2-3万とされている兵力を10万とも12万とも見積もっている。どの類書や報道でも引用されるISへの外国人参加者数リストではチュニジアが1位になっているが、これは何がソースなのだろうか。彼によるとトルコから2万人、アラブからはサウジが最多で7000人になるという。

    サウジに大きくページを割いているのは類書にない部分。
    監訳の中田考は、サウジが情報統制していることを告発したこの部分が白眉だとしている。
    そもそもワッハーブ派は建国の思想であり、ワッハーブ家は庇護されているというより、国家の中核に存在し続けている。サウジはこのサラフィージハード思想で教育を行っており、国内でジハード戦士を養成している。さらに資金が流れる様子も詳しい。サウジ建国の過程はISと類似しているという。

    いったんテロ組織認定した組織にこんどは支援したりと、目先の利益でどんな勢力とも組んできた米欧を見る目はもちろん厳しい。西洋人が書くとこの辺が甘くなりがちである。

    ISの野蛮な行為については、相手の戦意を喪失させる為の戦略的な残虐性であり、必要がなくなれば止めるだろうとしている。

    ISの今後の見通しも、彼の分析ならあてになりそうだ。
    アルカイダと比較し、根拠地を持たないアルカイダでも20年近く活動できているのだから、ISはそれ以上に強力で安定するだろうと。ISは地の利がある地上戦に引きずりこむことも考えているという。
    ISの主張からして難しいと思うが、(アフガンの)タリバンと手を結ぶことが出来たら大きなインパクトがあるだろう。
    ISが無視しているとも言われるパレスチナについても書かれていて、ガザ、西岸に水面下で支持するグループが立ち上がっているという。
    ヒジャースの聖地(メッカ、メディナ)を支配するのが最終目標ではと指摘する。イラク、シリアの将来像として、宗派民族で分割する絵も提示する。

    最近政府軍がパルミラを奪還してISが劣勢のような印象もあるが、ISは局地的に不利になればあっさり撤退する戦略も取ってきたとのこと。

    詳しすぎる点でIS本の第一選択としては薦められないけど、この本の扱う領域は踏まえておかないと情勢を見誤るだろうという意味で必読の書。
    続きを読む

    投稿日:2016.04.26

  • おーた

    おーた

    アル=カーイダの広がり方については池内さんのイスラーム国の衝撃が詳しかったが、本書はウマイヤ朝・アッバース朝・オスマン帝国とイスラムの歴史に沿った補助線が引かれている点、またキープレイヤーでもあるサウジアラビアの建国の歴史からワッハーブ派とサウード家の微妙な関係、ワッハーブ派とイスラーム国の親和性に関する話、チェチェン(ロシア)とイスラーム国の親和性に関する話があったのはサウジアラビアやロシアとシリア・イスラーム国の関係を考える上で普通の報道だけでは見えてこない背景だったので色々とスッキリした。

    高校世界史程度のイスラムの歴史は復習してから読むことをお勧めします。
    続きを読む

    投稿日:2016.02.15

  • たけ坊

    たけ坊

    西洋に精通したアラブ人が書いた本なので、イスラーム国について考えるのにめっちゃ参考になる本。イスラーム国がなぜここまで伸長したのか、その組織の歴史や信奉しているもの、戦略などを解説してくれる。

    投稿日:2015.12.28

  • mishuranman

    mishuranman

    素晴らしい分析。そして、それがこの時期に日本語で読める幸せ。女にとってのイスラムは難しいと留学生の女性が行ってたけれど、それにしても厳格なイスラムがクルアーンの戦闘性を引いてしまったのが立正安国論みたいで。続きを読む

    投稿日:2015.12.23

  • shimu2

    shimu2

    [破滅に見るもの]今やニュースでその名称を見ない日はないと言っても過言ではなくなった「イスラーム国」。残虐性の限りを尽くした戦略と組織の由来、そして懸念すべきその行く末について幅広い角度から考察を加えた作品です。著者は、ロンドンを拠点とする『クドゥス・アラビー』という新聞で編集長を25年にわたり務めたアブドルバーリ・アトワーン。訳者は、国立ダマスカス大学への留学経験も持つ春日雄宇。英題は、『Islamic State: The Digital Caliphate』。


    「イスラーム国」を内側から解析した一冊として非常に意義深いように思います。予断を許さない切迫性をもって執筆されていますので、西欧的文脈を踏まえたアラブ人/ムスリム及びムスリマが那辺に今日的な「イスラーム国」の脅威を感じているかを考える上で非常に有益な作品かと。


    見方についてはいろいろあると思いますが、様々な原理主義的潮流と「イスラーム国」の関係を記した箇所、そして残虐性を示す理由について踏み込んだ箇所は出色でした。それにしても、「イスラーム国」という現象はとんでもない課題を突きつけるものだということを再確認。

    〜私は、バグダーディーに近いある人物に、イスラーム国の最重要目標は何かと問うたことがある。この人物は即座に「ヒジャーズの地と、そこにある聖地だ」と答えた。〜

    とにかく重い読書でした☆5つ
    続きを読む

    投稿日:2015.11.30

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。