でーれーガールズ

原田マハ / 祥伝社文庫
(73件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
6
26
31
5
0
  • 若さ故に突き通してしまった嘘

    ほんのちょっとした嘘を発端にして話しが大きくなり,引くに引けなくなった。とくに学生のときなんかはあるもんですよね?
    そんな悪気のない嘘がきっかけで大事な人を失った苦い記憶。
    数十年ぶりの再開でやっとわかり合えたと思った後に待っていたのは・・・。

    最後の衝撃が大きくて,読んだ直後の今は何とも言えない感じです。
    お気に入りの作家の一人で,心の動きの描写はさすが。でも,やはり最後はそれじゃなきゃだめだったのだろうか・・・。
    続きを読む

    投稿日:2015.12.15

ブクログレビュー

"powered by"

  • おかはら

    おかはら

    高校時代に喧嘩別れした友との事を思い出した。
    今でも心残りで、あの時ちゃんと言葉にして伝えれば良かったなと思う後悔がいっぱいだ。
    でも松岡修造も言ってたけど、
    過去を思うと怒りが生まれて、未来を思うと不安が生まれる。だから今をしっかりと生きる。
    そんな感じに思えた本でした。
    続きを読む

    投稿日:2021.08.26

  • Sakura

    Sakura

    私学生時代ちょっと岡山にいたので、電車とか表町とか懐かしいです。大手まんぢゅう、好きだったなぁ。
    デーレーって岡山弁思い出した。あんまりよい思い出がなかった土地だったけどこうして振り返ってみれば、だからこそ私福祉や心理の仕事している原点がここにあるように思う。続きを読む

    投稿日:2021.08.09

  • yoshi2013

    yoshi2013

    27年後の現代の自分と、女子高生の淡い思い出を併せて描くことで瑞々しい青春時代を鮮やかにしてくれる。
    売れっ子漫画家の設定をもっと活かして欲しかったのと、親友の唐突の死の展開に違和感を感じつつも感涙してしまう。
    空想のボーイフレンド、ヒデホ君の存在を親友の武美に信じ込ませるところにも無理を感じました。
    岡山を、そして1980年代を経験した人には格別のノスタルジーを感じそう。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.23

  • masato

    masato

    面白かった

    1980年、東京から引っ越してきて、岡山の女子高に通う「あゆ」。まわりに溶け込もうと変に方言を使うことで馬鹿にされつつも、漫画作成に夢中。彼女の作成した漫画は恋愛漫画。その漫画を通して親友になった「武美」。

    ストーリとしては、
    有名漫画家になった「あゆ」は母校の創立記念日に講演をする事になります。その依頼をしてきたのが、当時の親友の「武美」。
    岡山に戻ってきた「あゆ」はその場所場所で、当時の思い出を振り返ります。
    そして、漫画に夢中だった自分と「武美」との関係を振り返ることに。

    岡山の方言の暖かさ。
    そして、当時の女子高生の気持ち
    さらに、その時起きてしまった事件
    ちょびっと切ない。
    なんか、青春っていう感じ。

    そして、創立記念日当日..
    そう来たか...

    「大切な友達に会いたくなる」
    そのとおり、高校生の時の友達と会いたくなりました。

    まさにそんな小説です。
    続きを読む

    投稿日:2021.02.13

  • ちか

    ちか

    いまや立派な漫画家で、立派なおばさんにもなった主人公が、母校の講演会の依頼をきっかけ親友たちとの思い出を回想し、再会も果たす。

    キラキラした青春時代と、現在の自分の違い、学生の頃に友達に伝えられなかったこと、過去と現在を行き来するんだけど、とてもスムーズに読めた。泣けたーー続きを読む

    投稿日:2020.11.30

  • yumi

    yumi

    でーれー、って、どえらい、とか、すごいとかいう意味かな?冒頭から興味深く、すぐに物語に引き込まれました。
    けど途中でAmazonで思い切りネタバレしていたレビューを読んでしまい、気持ちが萎えてよみすすめられず、映画の方を観て、その後また読書を再開。
    映画とは少し違うエピソードや進行があったけれど、私の中で上手く補完し合いながら読めました。

    岡山弁がとても可愛くて、女子高生のキラキラした日常が、確かにこちら側からとても眩しく思えたし、映画ではぶっ飛んだ内容に感じたヒデホ君の数々のエピソードも、切ない気持ちで共感さえできた気がする。

    わかっていてもやっぱり泣いてしまったし、2人ともとっても愛おしく思えた。

    続きを読む

    投稿日:2020.11.19

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。