ラスネール回想録

ピエール=フランソワラスネール, 小倉孝誠, 梅澤礼 / 平凡社ライブラリー
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • fattycatlover

    fattycatlover

    「ミステリーの人間学」にのっていたので。

    19世紀のフランス、犯罪は貧困と無知ゆえだと思われいてた時代、教育があり富裕層出身の犯罪者ラスネールは、自分の犯罪を社会への復讐だと主張し、社会現象となった

    そのラスネールが残した回想録で、
    自分の育ちから、犯罪歴やその主張が書かれていた。
    時代と国境を越え衝撃を与えた作品らしいが、
    自分の犯した罪のただの言い訳にしか読めない。
    家庭内で盗みを始めたのは兄のせいだとか、
    手形の偽造をはたらくやいなや、裏切られたからと殺人を犯すとか。

    それにしても、まだ指紋もDNAも捜査手法になかった時代、意外と犯罪がうまくいかないのに驚いた。
    続きを読む

    投稿日:2016.05.29

  • もの知らず

    もの知らず

     19世紀フランスで死刑を目前にして自伝を著したラスネールは、詩作をたしなむなど、それまでの犯罪者像と相容れない人物として大きく注目されました。自身にまつわる風評に異議を唱え、自身の姿を読者に呈示しようと試みたのが本書です。告白であり、内省でもあるというところに、読者は読み応え、あるいは不快感を覚えるでしょう。解説と合わせて、ラスネールがいかに特異な犯罪者であったかを読み取ることができると思います。続きを読む

    投稿日:2016.01.20

  • 文箱

    文箱

    犯罪者といえば粗野で無学と考えられていた19世紀のパリで、優雅で洗練された物腰で人々の目を奪い詩作や回想録(本書)をものして一世を風靡した詐欺師・泥棒にして殺人犯のラスネール。スタンダールやユゴーら同時代の作家は彼から大いに霊感を得、またアルセーヌ・ルパンのモデルともなったという。
    前半部分はまさしくロマン派文学だなと思いながら読み進めた。親の愛薄かった幼年期・少年期を顧み、自己の内奥に迫って苦しみを吐露しながらも小説的おもしろさを感じさせる。しかしいよいよ犯罪に手を染めて収監を繰り返すようになると、読むのがいささか辛くなった。これほど知性ある人物も貧困と賭博・浪費で人生を崩壊させるのだ、そしてその過程は不毛で惨めなばかりで、不幸な子ども時代を語った際にはあったロマンティシズムは既に失われているのだという苦い気持ち。
    わたしの読み方が間違っているのかもしれない。それにしても犯罪者が自ら語る犯行の記憶は読んで楽しいものではない。ラスネールの文学的才能ははっきりと感じられるものの、現実に社会から滑り落ちた人間の、いかなる飾りも語るそばからはがれ落ちていく言葉だから。
    続きを読む

    投稿日:2014.10.04

  • toca

    toca

    詩人であり、最期はギロチンで処刑されたある犯罪者が獄中で記した回想記。
    少年時代から始まり、成人してからの遍歴、如何にして犯罪に手を染めるようになったのか……など、予想以上に客観性を持って描かれており、ラスネールが受けた教育の高さが伺える。
    何度か新聞の記事を書いたり、脚本を書いたりしていたようだが、著者は文筆で身を立てたことは一度もなく、言うなれば半分以上は素人なのだが、こと日記・回想記の類になると素人があっさりプロの作家以上の文章を書くこともあるもので、本作もそれに該当する。
    文中に『○行検閲』が頻出するのも生々しい。
    続きを読む

    投稿日:2014.08.27

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。