明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち

山田詠美 / 幻冬舎文庫
(22件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
3
8
10
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • boook

    boook

    山田詠美にしては結構重く、辛いお話。
    辛さが伝わってきてこちらも辛いのと電子書籍で読んでみたからか、あまり集中出来なかった気がするので
    再読後にまた感想や評価が変わるかもしれません。

    投稿日:2020.01.27

  • まえ

    まえ

    家族が欠けるという事実を、家族ひとりひとりから見るとこんなに違って見えるんだなぁと思わされます。そう思わされる書き分けが素晴らしいです。

    投稿日:2020.01.25

  • サマ

    サマ

    このレビューはネタバレを含みます

    作られた家族と幸せが、長男の死により崩壊したお話。
    趣味が悪いけど、家族がそれぞれにあがく中、ママの病状がどんどん悪くなっていくところが好き。でも、最後の場面は、ずっと見ていたなら分かるでしょ、死なせてあげてよ、と思ってしまった。今ここで終われるならママと子供たちはその方が絶対に幸せだよ。個人の感想です。
    この家族にはきっとこれからも、やっぱり駄目だった、もう駄目なんじゃないか、そう思うことがたくさんあるだろうな。それでも家族は何度でも崩壊した上から新しい生活を積み重ねることしかできない、奇跡も魔法もない。愛とか呪縛と呼ぶのは違う気もするんだけど、そうした営みは尊いな、とは思う。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.12.29

  • ほんやくコンニャクおみそ味ちゃん

    ほんやくコンニャクおみそ味ちゃん

    職人でも機械でもないワタシが創り出したものは
    どれも歪で、愛おしい。

    完璧なカタチを完璧と言うのは、
    不完全なものだけだから。

    だから独りはさびしくて、
    結婚したり、家族になったり。

    なるべく完璧な輪がいいけれど、
    円になったら、どうしたらいいの。
    続きを読む

    投稿日:2019.12.11

  • gabrielpetajirio

    gabrielpetajirio

    夫との離婚、妻との死別、それぞれの事情を抱えた二組の親子が家族となるべく東京郊外のアンティークな一軒家に移り住む。澄生と真澄の兄妹に創太が弟として加わり、その後千絵が生まれる。誰もがうらやむ素敵な家、凡庸で平和でそれ故にかけがえのない家族6人の幸せは、澄生が落雷に遭い亡くなった時に終わりを告げる。澄生を溺愛した母がアルコール依存症になり、家族の姿は一変した・・・

    長女真澄、次男創太、次女千絵、それぞれの語りで描かれる家族の姿が辛く切ない。家族をまとめようと努力しいっぱいいっぱいの真澄、血がつながらないゆえに母の愛を痛いほど求める創太、唯一父母の血を引きながらどこか冷めた目で家族を見つめる千絵。それぞれがとる行動は違っても、家族を愛し大切に思う気持ちは変わらない。

    家族一人の死が残された者にもたらしたもの。それぞれが兄の死に囚われ、行き場を失い、やがて死を受容し明日を生きていこうとするまでの日々は重く辛い。
    それだけに、最終章で見えた光に思わず感情が揺さぶられ、気が付けばボロボロ泣いていた。
    大切な人、かけがえのない人に明日も会いたいと切に願った素晴らしい家族の物語でした。
    続きを読む

    投稿日:2019.11.14

  • ゆう

    ゆう

    山田詠美2作目。
    前作よりエイミーエイミーしてなくて家族愛中心だけど相変わらずドロドロしてる。
    よくもまあこんな話と文章が書けるよな、近くにいても怖くてきっと友達になれない。そろそろ禁断症状でそう、次の作品読まなきゃ。続きを読む

    投稿日:2019.09.24

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。