英仏百年戦争

佐藤賢一 / 集英社新書
(70件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
23
21
12
3
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • 大一大万大吉

    大一大万大吉

    初佐藤賢一。英エリザベス女王の国葬を見て英国の歴史に興味を抱き挑戦。
    世界史には無知だったので百年戦争といってもイメージがなかったが、ゲルマン民族の大移動から始まるヨーロッパの歴史を踏まえ「英仏戦争はフランス人同士の戦争であった。」ということに納得。国王の名前などの系譜の変遷は覚えられなかったが非常に興味深い内容だった。名前だけは知っているジャンヌダルクのことも改めてよく分かった。続きを読む

    投稿日:2022.11.16

  • cinejazz0906

    cinejazz0906

    14世紀の中頃、イギリスという国家が存在しなかった時代のイングランド王家は、フランスの政治文化圏に組み込まれていた・・・。フランスの王位継承権と大陸の領土覇権争いが発端となった「百年戦争(1337-1453)」は、イングランドVS.フランスのみならず中世ヨーロッパ諸国を巻き込む泥沼戦争となり、黒騎士の奮闘、ペスト(黒死病)の蔓延、農民の反乱、ジャンヌ・ダルクの栄光と悲劇を生んだ・・・。戦後、ド-ヴァ-海峡を挟んで、領土と国民を明確にした主権国家の形成が進むきっかけとなった西洋史最大の事件への入門手引き書。続きを読む

    投稿日:2022.06.25

  • tanakabanana1984

    tanakabanana1984

    国民と国家という意識が当たり前では無いという前提から考えると納得がいくことも多く、今は当たり前だけど当時は、と何事も疑ってみることは大切だと感じた。
    また、なぜ英語の中にフランス語由来の単語が多いのか、の理由の一つが分かったような気がする。続きを読む

    投稿日:2022.06.04

  • yuyu6629

    yuyu6629

    どちらもフランス人という所はなるほど、中世らしい話と納得。
    途中は、まあそんな感じかと思うが、ジャンヌ・ダルクが農民の娘が利用されただけと切って捨てるのは、どこまでそうなのか。
    うつてつけの題材と思うが、ナポレオンまで気が付かなかったのか?

    最後、国民国家とナショナリズムを産んで終息したというのはわかりやすいが、その時代でそこまで言えるのか。
    国民国家としても、15世紀と18世紀では同じにならないし、それ以前でも同じ国語を話す者の一体感はあったのでは?
    きれいに割り切りすぎな感がある。
    続きを読む

    投稿日:2022.05.14

  • yukkie1973

    yukkie1973

    英仏百年戦争
    それはイギリスとフランスの戦争でも、百年の戦争でもなかった。
    戦う二大勢力はともに自身を「フランス人」であると認識。
    領地の感覚が優先し、国の感覚が希薄だった時代に、イギリスという国とフランスという国の戦争など、設定できない。

    しかし、英仏百年戦争は、イングランド王、フランス王にそれぞれの王国を一元的に支配させる力を与えて終了。
    これにより、今日のイギリス、フランスに通じる、いわゆる中央集権国家が誕生。
    後の、国民国家に発展する土台となった。
    続きを読む

    投稿日:2022.04.29

  • なー

    なー

    巻末の「英仏百年戦争関連年表(1066-1491)」が非常に詳細だし、英仏両王家の家系図も百年戦争に絡む所だけで(無駄な情報はちゃんと省略して)構成されてて、ホントお役立ちでした!
    「百年戦争」を解説する本は巷に沢山あるが、ナショナリズムの高揚という点から見たジャンヌ・ダルク観があまり見かけない主張になってて、とても興味深かった。

    リチャード2世については結構語るけど、ヘンリー4世は割とあっさりとか、多少お好みがあるようで。
    続きを読む

    投稿日:2022.01.25

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。