哀しみキメラ

来楽零, 柳原澪 / 電撃文庫
(9件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
4
2
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • hinataboko

    hinataboko

    切ない本が読みたいと言って友達に薦められた本。
    なんと言うか本当に切なかった。けれど救いがないわけでもなくて、「誰のせいでもなく」「仕方ないことだった」というさじ加減が絶妙。
    この後どう続けるのか、続刊も読んでみたいです!続きを読む

    投稿日:2012.10.17

  • siryudou

    siryudou

    心理描写がもう少し深いと良い作品になったかなと思うものの、ラノベとして、異形モノとして、良い作品だと思う。キャラクターが多いのに、ほぼ全員がちゃんとキャラ立ちしているのが良い。

    投稿日:2012.10.04

  • nakaiazu

    nakaiazu

    一気に読みふけってしまうほど、引き込まれる作品です。
    4人の男女がエレベーターに閉じ込められ、そこから物語が始まります。
    タイトルと雰囲気の差異に、とても惹かれてしまいました。
    読み終わった後には、人生を深く考えさせられました。
    自分の境遇を受け入れ、幸せになる、それが大切であると学んだ作品です。
    全四巻。
    続きを読む

    投稿日:2012.02.04

  • 永杜

    永杜

    エレベーターで偶然乗り合わせた4人に起こった事。
    それを悲劇ととるか、日常ととるか、幸福ととるか…。
    どこに属するか、よく分からないのは紅一点の彼女だけ、です。

    誰の主張が一番納得できるか、と言われれば
    十文字だ、と言いきれます。
    その立場になって、初めて拾ったり捨てたりするかも知れませんが
    大事で生きたくて仕方がないですから。
    きれい事で生きていければいいですが
    それと自分と、と言われれば、迷わず自分をとります。

    全員、自分の思う通りに全員を守り通そうとするのが
    色々無茶をするなぁ…と。
    完璧ではないにしろ、守り通せたのは
    よかったのか悪かったのか…微妙です。
    続きを読む

    投稿日:2010.10.27

  • 神野イオリ

    神野イオリ

    悪霊はまずくて化け物はおいしい?
    基準がよく分からないけど、このこともあとで重要な話になるんだよね。
    水藤深矢が好き。

    投稿日:2010.07.26

  • uryuuf

    uryuuf

    日常ではありえないことが、日常の出来事から始まってしまう。
    そして、そんな中で生き抜くことを学べる作品です。
    読み始めると止まりません。

    投稿日:2009.11.11

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。