イタリア「色悪党」列伝 カエサルからムッソリーニまで

ファブリツィオ・グラッセッリ / 文春新書
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • madameassy

    madameassy

    著者は日本に住んで20年のイタリア人。イタリア語で書いたものを日本人が翻訳している。なので、人の容姿や服装、香りなどの情景描写が、やっぱり日本人とはちょっと違うんだなあ。
    カエサル、ロドリゴ・ボルジア(法王アレッサンドロ6世)、レオナルド・ダ・ヴィンチ、カラヴァッジョ、カサノヴァ、プッチーニ、ムッソリーニの7人を、それぞれの部下や友人の目を通して小説仕立てで描いていて、イタリア人から見ると、イタリアの歴史上の偉大な人物たちはこんなふうに書かれるのかあ、という発見はある。
    正直、もっと硬い内容と思って手にしたのだけど、でも、思いがけず大昔に旅行したイタリアの街並みを思い出しながら読み進めていけたので、これはこれでありだと思う。楽しかった。
    続きを読む

    投稿日:2015.10.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。