おじいちゃんが孫に語る戦争

田原総一朗, 下平けーすけ / 講談社
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
1
4
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • natsuko-non

    natsuko-non

    近代史の流れ、戦争に至る経緯、何が始まりだったのか、などがわかってきた。
    わかりやすかった。
    日本では、基本的に歴史の中で近代史は扱わない。それが、今の日本を作ってしまっていると思う。
    多くの日本人が読んで、もっと学ぶべきだと思う。続きを読む

    投稿日:2019.04.06

  • 106yumekobo

    106yumekobo

    近代の歴史を正しく理解することは、今の政治を判断する上でもとても大切なことですね。学校でも薄くしか勉強していないので、自分の中でも不確かです、選挙の前にこの本を読んで良かった、おじいちゃんのお話しはとても分かりやすかった。
    70年も戦争をしない国をもっと誇らないとね。
    続きを読む

    投稿日:2017.10.16

  • kiri

    kiri

    小学生に読みやすく、読んで欲しい本です。
    戦争に至るまでの流れがわかりやすく書かれています。
    我が子にも読ませたいと思います。

    投稿日:2015.09.04

  • ひろ

    ひろ

    戦争について小学生にもわかりやすくかかれた本。
    戦争体験者が身近でなくなっていく中、ぜひ今の子供たちに読ませたい本だと思う。

    投稿日:2015.08.27

  • akiyama924

    akiyama924

    戦争を当事者の視点から遺す試みが増えているような気がします。

    百田氏の『永遠の0』も特攻隊賛美だという評もあれば、反戦だという人もいます。私はそのどちらでもなく、「戦争の当事者たちはこう考えていたんだよ」とのお話を遺したものだと思っています。真珠湾攻撃では「空母がいなかった作戦ミス」といい、最後は戦争を止めたかったのか、いたたまれなくなって精神を侵されたのか、その両方か分かりませんが、主人公の宮部は空母までたどり着く作戦を思いつき実行に移し映画を見ている人にヤッターという爽快感を与えています。

    さて、本書に戻りますが、田原総一朗が孫に話聞かせる設定で平仮名ばかりの絵本のような本です。
    でも、内容は(子供にとって)決して面白いものではないので課題図書になっても児童文学として残ることはないと思います。
    戦争について自国の防衛のため、亜細亜のために始め、成功は必然と思い、失敗を失敗と認められず、天皇が言っても止まらない様子がとても生々しく描かれています。

    きっともう、純粋な侵略を目的に掲げた国家間の戦争なんて起こらなくて「戦争しないと滅ぼされてしまうじゃないか。さぁ戦いますか滅びますか」という2者選択を突き付けられて戦争に向かうんだろうな。そういう遺伝子のプログラムが人間にはあるのかな。
    続きを読む

    投稿日:2015.08.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。