猫の街の子

モリエサトシ / 別冊花とゆめ
(11件のレビュー)

総合評価:

平均 4.2
4
4
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ainon

    ainon

    ホロリと泣きそうにさせられる、
    しみじみ、いいお話。

    猫になりたい男の子、シロと、
    戦前からの面影を残す茶屋街の人々の話

    投稿日:2019.04.23

  • akibg

    akibg

    表紙の可愛さに惹かれて買いました。
    実の母親に置いてかれてしまった、しろちゃんの新しい母親になったのは美人猫のたえさん。
    猫耳フードを被ったしろちゃんが、猫みたいに生活している様子が微笑ましい。
    ほのぼのとした雰囲気の中にも、切ない悲しみもあって素敵な作品でした。
    これからも街の人たちに愛されながら、しろちゃんがのびのびと育ってくれるといいなぁ、と思いました。
    続きを読む

    投稿日:2013.09.28

  • 凜

    このレビューはネタバレを含みます

    ほのぼのと、感動と。

    猫になりたい子ども、シロとそれを取り巻く優しい街の人たち。
    古都のような街並み。
    心がジーンとあったかくなった。

    シロや猫たちはかわいくて一威はかっこいい。
    そしてタエさんは最高。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.03.17

  • ヒューマ☆

    ヒューマ☆

    八潮と三雲で謎の猫ブームが私の中で起こり、中古で衝動買い。モリエ先生なら外れはないだろうと。

    猫のようなしろの母親のしろを捨てた経緯には驚いたが、その理由の理由の描写が淡々として良い。決して母親の物語とせず、最後までしろといちいの物語として軸がぶれないのも流石。

    しかし私は犬派のはず…
    続きを読む

    投稿日:2011.07.19

  • 未夢

    未夢

    戦前からの古い面影を残す茶屋街。ここには多くの野良猫が暮らしている。そんな猫の仲間になりたいと願う一人の男の子がいた。母親が突然姿を消し、粟ら屋に引き取られたしろは、街の唯一の飼い猫・たえに母親になってもらう… 「空もよう」も収録。続きを読む

    投稿日:2011.06.24

  • 紗彩

    紗彩

    非常にあたたかいお話が詰まってました。
    この作家さんの、私が大好きな部分の凝縮
    きれいな空気をもつ、透明感ある作品です。

    投稿日:2011.06.13

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。