評伝 若泉敬 愛国の密使

森田吉彦 / 文春新書
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 3.3
1
0
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • nomitomo13

    nomitomo13

    沖縄返還交渉で密使として活動した国際政治学者・若泉敬氏の生涯を追った本。

    本書は「日本再独立」を念頭に奔走し、政治から離れた後は教育者として若者を叱咤激励した若泉敬の生涯が書かれています。

    投稿日:2021.08.13

  • ノートリアス

    ノートリアス

    このレビューはネタバレを含みます

    1972年の沖縄返還に密使として尽力された国際政治学者、若泉敬の評伝。
    具体的な事績よりも、この2019年の今にも通じる若泉敬の透徹した視点には驚かされる。

    ・「吉田路線」がそのままの形で続くならば、やがて日本人の独立心は崩れ去り、したがって「吉田路線」は有効でなくなる。他方、サンフランシスコ講和条約と日米安保条約との組み合わせが「吉田路線」の基礎であったとすれば、その「宿題」として残された領土返還や共産主義下の中国との関係といった問題への答えは、「吉田路線」自体からは出てこない。(p.36)

    ・日本には増大した国力に応じた国際的責任が求められているのに、現行(1972年当時)の日米安保体制はむしろそれを果たせない日本を前提にしており、なおかつ、日米安保を基軸とする以外の安全保障はなかなか実際的ではなかった。しかも、人々はその状態に馴れつつあるように見えた。(p.225)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.10.20

  • reso100

    reso100

    未知の人だったが,核兵器に対する考え方で賛同できない点が多い.
    フクシマ後の考えを聞いてみたいものだ.

    投稿日:2011.08.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。