資本主義の克服 「共有論」で社会を変える

金子勝 / 集英社新書
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
0
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • restsitek

    restsitek

    ラジオでお見受けする著者が、どのような論を唱えているのかを知りたくなって読んだ。
    日本の産業構造が国民の幸せを尺度にしたベクトルに切り替わってほしいと思う。

    投稿日:2019.02.23

  • kakabalika

    kakabalika

    自国の制度を押し付けるのがグローバリズム。
    ネットワークの独占。
    独占がしやすくなっている社会になっていると感じる。
    おそらく、共有論というのがメインの主張なのだと思うが、あまり新鮮味はなく、印象には残らなかった。続きを読む

    投稿日:2015.08.26

  • 「おやっさん」

    「おやっさん」

    結局、経済学は誰のためにあるかにつきるのであるが、人の将来を担う子供たちのため、その子供を産み育てる女性のためにつきるだろう。
    そのための社会保障制度の制度設計に当事者たちが民主的手続きの下、真に自由な発言ができ、きちんと加われるかが重要だと筆者は言う。
    しかしながら、超情報社会における情報の独占を食い止めるため、政府でもない、民でもない、新たな情報管理システムをどういう形で共有できるのか、今後の社会制度設計を行っていくうえで一番大切なことだと筆者は締めくくった。
    続きを読む

    投稿日:2015.06.19

  • masanori25

    masanori25

    「セーフティネットの経済学」ほどのキレを感じられなかった。それほど危機は複雑化しているということか。はたまた自分の認識能力不足の問題か。

    投稿日:2015.05.24

  • 薔薇★魑魅魍魎

    薔薇★魑魅魍魎

    金子勝は、偶然『月光仮面の経済学 さらば、無責任社会よ』(2001年・NHK出版)を手にしてから俄然 気にいって全著作を読んでいますが、経済学にとどまらない実践的な言動にも多いに魅力を感じています。

    投稿日:2015.03.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。