悪魔のような花婿5 愛と誘惑の黄金宮

松田志乃ぶ, Ciel / 集英社コバルト文庫
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
2
2
2
0
0
  • 手強い敵と華やかな宮廷生活

     ドレス・宝石・ダンス・悪婿世界の風習など読みどころがいっぱいです。
     宮廷に乗り込むバジル伯爵一行は、愉快なパーティー(仲間)で、登場人物同士のやり取りも面白いです。
    王妃との戦いは、まだ始まったばかりですが、かなり手強い敵のようです。最近の少女小説の悪役は、たいしたことがないキャラが多いので珍しい気がします。
     ジュリエットとバジル伯爵は安定した両想いなので、安心して読み進められます。こんな心の広い夫は、少女小説的にも、現実にもそうそういないのではないでしょうか。
    続きを読む

    投稿日:2015.07.07

ブクログレビュー

"powered by"

  • ユエ

    ユエ

    このレビューはネタバレを含みます

    悪婿シリーズ5巻目。
    宮廷編はじまりました。
    王妃のいる王宮へ行くことになったバジル伯爵家一行の宮廷デビューはすさまじいものでした(笑)目立つことに重点を置いた彼らの登場は王宮の貴族たちの注目の的に。美形集団を前にした貴族のお嬢様たちの反応がとても面白かったです。テンション高いな(笑)と思いました。
    そんなバジル伯爵家一行たちに王妃がどんな企みをしてくるかと思いましたが、序盤はとても静か。でも、だんだんと本性見せてきましたね。入浴食・入浴宴会とかエロいってww退廃的な貴族の楽しみですね。このくだりでの貴族のお嬢様たちのテンションも高いです(笑)シリアスな展開の中にこういったお笑いの要素があるのでメリハリがついた話になってて飽きずに読むことができました。
    巻末には書き下ろしの小説2本と香純裕子さんの漫画が収録されています。漫画は絵が違いすぎてて、もはや別物(笑)りぼんコミック!!って感じでww
    本編ではこれから王妃との対決が本格化するだろうから、かなり気になります。続き読まねば~

    レビューの続きを読む

    投稿日:2013.03.23

  • カルルン

    カルルン

    ついに、リングランド宮殿に乗り込むウィリアム一行。
    だが、敵の土俵でのけんかはやはり危険に満ちていて、とてもスリリング。
    そんな中にも、ほのぼのとしたシーンも盛り込まれていて、ファンの気持ちを和ませてくれるサービスもたっぷりある。
    王妃との対決は、ますます激化しそう。
    続きを読む

    投稿日:2012.11.29

  • kurokumasara

    kurokumasara

    このレビューはネタバレを含みます

    バジル伯爵夫婦の宮廷デビュー編です。
    相変わらずのバカップルぶりは見ていてとても楽しいです。
    王様がリオン王子を嫌っていなかったのは良かったけど、あの「息子に言い負かされたからもうヤダ!帰る」的な去り際がなんとも……
    あの親子はもっと周りがツッコンであげた方がいい方向に進むのではと思ってしまいました。
    色々と王妃にケンカを売っていたのでどうなるか続きが楽しみです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.01.14

  • nico

    nico

    このレビューはネタバレを含みます

    王都ヨークバラ編開始。

    糖度も適度に低くなり、4巻目の短編集からこっち、作者の本領発揮された内容になってきました。よかったよかった・・・。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.12.20

  • うらこ

    うらこ

    このレビューはネタバレを含みます

    5巻目。
    王妃の待つ王宮でのお話。

    ウイリアム、ヴィヴィアン、ヒュー、リオンのイケメン4人とジュリエット、ヒューの護衛のサラ、イヴニング・フェイスの7人が王宮に現れたときの周りの反応はスゴイです。

    リオンの父である王様は、予想外というか、意外と悪い人じゃなさそうですけど、頼りないというか、完全に王妃の尻にしかれてますね。
    王妃の弟であるフランシスとベンジャミンですが、フランシスは怠惰で浪費家、女ったらしといった嫌いなタイプで、ベンジャミンは王妃のこととは別に国のこともなんか考えてそうで、最終的にはウイリアムの側につきそうな感じがしました。

    王妃が何もしてこないなぁと思ってたら、バス・パーティーなる入浴しながら食事をする・・なんていうパーティーにみんなを招待しました。なんか、光景がすこぶるエロい・・。

    その光景を見れる席をオークションするっていう、ウイリアム達を見世物みたいに扱うこともしてて、ホントに裸になっちゃうのかと思ったら、そこは機転で回避。ちょっと、ドキドキしました。

    とりあえず一難は去ったみたいですけど、次巻は王妃がどう攻めてくるのか、楽しみです。

    巻末の2つの短編と、まんがは今一つでした。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2011.12.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。