学校の戦後史

木村元 / 岩波新書
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 0.0
0
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • まなぶんぶん

    まなぶんぶん

    今日、私たちの社会においてあたりまえにある(と思われる)「学校」。では、それはいつ設立され、これまでいかなる変遷をたどってきたのか。著者は学校史を概観する中で、学校が抱えてきた課題をなげかける。「学校」とは何か、そのあり方を考えるきっかけになる一冊。

    (Y.M.)
    続きを読む

    投稿日:2020.06.10

  • 城西大学水田記念図書館

    城西大学水田記念図書館

    《教員オススメ本》
    通常の配架場所:教員おすすめ図書コーナー(1階)
    請求記号 372.107//Ki39
    【選書理由・おすすめコメント】
    皆さんは当たり前のように大学で学んでいるかもしれませんが、昔はそうでもなかったことが分かります。自分を振り返り大学で学ぶ意義を考え大学生活半ばで自分を位置付ける機会になるかもしれません。専門家により熱意をもって集められた学校に関する資料として貴重です。誰しも学校教育を避けて通れないので教員を目指す人に限らず一読に値します。(化学科 竹村哲雄先生)続きを読む

    投稿日:2016.08.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。