透明なゆりかご~産婦人科医院看護師見習い日記~(1)

沖田×華 / Kiss
(33件のレビュー)

総合評価:

平均 4.6
18
7
2
0
0
  • 是非お試しでもいいので読んでみてください!

    命が誕生する場所は同時に死を受け入れる場でもあり、数ある医療の現場でもその特殊性が故に様々なドラマが生まれています。
    あまり知ることが出来ない世界を私たち読者は准看護士見習いである主人公の目を通して知っていくことになります。
    そして、時には温かく時には残酷な現実を目の当たりにすることになるでしょう。
    どのような立場の人間として読んだとしても必ず心を打つ何かを感じ取れると思います。
    是非一読下さい!
    続きを読む

    投稿日:2016.02.07

  • 産科をみる

    2015年秋、コウノドリという産科を医師視点から切り込んだ漫画がドラマ化され話題になっています。
    透明なゆりかごは産科を看護師視点から読む漫画です。

    コウノドリは基本的に明るく終わるハッピーエンド志向で、一つの病態に一つの問題と話がわかりやすいです。特に妊婦や父親から子供への向きあい方を描いています。

    対して透明なゆりかごではそうではなく、一つの病気のケースに二つ三つの問題が描かれていたり、その問題も児童相談所案件であるとか、環境についてだとか、太めの方の麻酔の難しさだとか、医師にも手に終えない領域をかかれ、現実みのある負の側面をしっかり捉えたものとなっています。

    話題作のコウノドリと一緒に、と、みなさんにお勧めしたいです。
    続きを読む

    投稿日:2015.11.01

  • 産科から見た命

    二人の子供を持つ身ですが産科の明るい部分しか意識していまでんでした。
    世の中暗い部分もあるのはわかっているつもりですが考えさせられます。
    命について、家族について考えさせてもらう作品です。
    これはぜひみんなに読んでもらいたい作品ですね。
    続きを読む

    投稿日:2015.10.19

  • 必読の一冊でしょう

    老若男女関係なく読んでほしいと思います。
    出産だけではない産婦人科のストーリー。
    目を背けている現実を絵でみるのは本当につらいのひとこと。
    でもそれが現実であり、その現実が今おきているのだと思うと。
    私も娘をもつ二児の母ですが、少し間違えばそんな体験をしていたかもしれない。
    子供にも読ませてやりたい一冊でした。
    何回もよみなおそうと思います。
    続きを読む

    投稿日:2015.10.24

  • 幸せじゃない話が多いけど

    男性にも女性にも是非読んでほしい。
    産科の漫画というと赤ちゃん=幸せという話が多いけど、この本は作者が働いていた産科で起きた中絶、胎内死亡、虐待などなかなか暗くて悲しい話を扱っている。
    絵があっさりしているのでそんな深刻な話にも関わらず割りとサクサク読めます。
    出産間近でお腹の中で亡くなってしまった赤ちゃんの話が泣けます。
    続きを読む

    投稿日:2015.11.01

  • 涙が自然にこぼれます

    最近、出産したためか凄く心に響く内容です。
    わが子が愛おしくなります。
    子育てしている方に是非読んで欲しいです。

    投稿日:2015.12.14

Loading...

ブクログレビュー

"powered by"

  • 大阪信愛学院図書館

    大阪信愛学院図書館

    2019/12/16

    726.1||オ||1 (3階マンガ)

    高校3年時の看護師見習い体験を元に、産婦人科医院で実際にあった出産をめぐる「喜び」や「悲しみ」をリアルに見つめ、「生と死=命の重さ」やその根源にある「人間の悲哀」を考えていきます。
    TVドラマにもなり、看護師希望でない方でも、感銘を受けると思います。 
    続きを読む

    投稿日:2019.12.16

  • sakuramura

    sakuramura

    ネットの無料試読で気に入って購入。妊娠・出産は本当に奇跡の連続。命の大切さや、それに向き合う親の切ない想いに心打たれた。

    投稿日:2019.02.18

  • キミドリ

    キミドリ

     3巻まで読み終わった。
     作者が高校生の頃に、バイトで入った産婦人科で見聞きしたものをマンガでつづったもの。
     絵は上手ではないのだけれど、却って、そのせいで、不覚にも胸に迫る事柄が多かった。
     アマゾンでも軒並み高評価なのが肯ける。

    どうしても産婦人科の医療マンガというと、医師の側か、患者の側かの描写になってしまうんだけど、看護助手というポジションからなのが絶妙である。
     作者自身もいじめられっこで(彼女自身に発達障害があり、そのせいでなじめなかったものと考えられる)、次々と中絶されていく胎児たちを処理する係でもある。
     淡々と処理していくように見えて、自然に歌を歌ってあげたりするところが、思いやりをもっている接しつつも、シビアな現実を見つめているのがよくわかる。

     個人的な信条になるが、現実を見つめることと、そのうえで自分にできる努力をすることは、一種の至上命題だと思っているので、彼女の態度はやはり「プロ」なんだなぁ、と感じ入った。

    続きを読む

    投稿日:2018.12.22

  • 赤木かん子【公式】

    赤木かん子【公式】

    産婦人科でバイトすることになった高校三年生の仕事は、それまでイメージしていた
    うわぁ、赤ちゃん生まれました~、おめでとうございまーす(^^)

    という幸福な図を見ることではなく、毎日中絶された子をびんにいれて業者に渡すことでした……。

    全編ヘビーな、でも実によくある現実の話が続きます。
    決してうまくない絵なのですが、これ、うまい絵で描かれたら逆にいたたまれないかも……。
    それも含め、いろんな方向からのバランスが絶妙で、頭のいい人なんだな、と思います。
    だれでも読めるのに内容は深く果てしない……。

    学校に入れられるかどうかはまた別として司書は読んでおいたほうがいいよ。


    2018/10/015 更新
    続きを読む

    投稿日:2018.10.14

  • あさだん

    あさだん

    「大事なことだから覚えるように 本当の第1位は
    アウス(人工妊娠中絶)だから」と言い放つDr.瀬戸がメチャクチャかっこよかった、NHKドラマ版。

    「胎児はエタノールにはいると
    鮮やかな朱色になって光り輝く」
    「もう死んでるのに キレイだーー」

    業者がきて火葬するなんて知らんかったなぁ〜。


    大好きな安藤玉恵さん出演の回、
    「私は健太くんは愛情につつまれて
    死んでいったんだと思いたかったーー」など
    各話毎の主人公の希望的回想シーンが
    ピュアで切実で尊くて泣ける。
    続きを読む

    投稿日:2018.09.27

  • ちょびこん

    ちょびこん

    ドラマから。
    原作がまさかこんなゆるい絵だと思わず、またエッセイ風で読みやすく、お試し読みをした後「これは読みたい!」と読み始めました。

    妙にリアルだなぁと思ったら、作者さんの実体験が元なんですね。プライバシーとか大丈夫だろうか?と思っちゃいましたが、まあそこはだいぶ前の話ですからね……ドラマでなんで昔?って違和感あったけど謎が解けました。

    ドラマの話にもなりますが、産婦人科…というかそもそも医者物がダメで、産婦人科なんてもってのほか!!って敬遠していたのですが、この話はなぜか大丈夫でした。
    主人公の目線が淡々と、でも静かに熱いからかな。過剰なお涙頂戴と説教臭い内容、ありがちなドラマチックな悲劇はないのに、それ以上に胸にズンと残る温かい話、辛すぎる話。でもどれも実際にそう珍しくないことで現実なのだと思うと、『生まれること』の重みを感じる。この歳にして恥ずかしいけれど、こうして元気な体で生きていること、生まれてきたことは本当に奇跡なのだ。母親はすごい。子どももすごい。この歳だからもしかして理解出来たのかも。20歳の時に読んでも感じなかったかもしれないな。

    続きを読んでいきたいと思います。

    しかしドラマでもボロ泣きだけど、マンガで泣くのも久しぶりだ。
    産婦人科に置いて欲しいマンガ本。
    続きを読む

    投稿日:2018.09.05

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。