他人の墓の中に立ち

イアン ランキン, 延原 泰子 / ハヤカワ・ミステリ文庫
(5件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
1
2
1
0
1

ブクログレビュー

"powered by"

  • たこちゅー

    たこちゅー

    もうこのシリーズは終わってるな。
    リーバスに魅力がない。
    酒とタバコと自己中な捜査という昔よくあったタイプの刑事が主人公では、もう読者を引っ張ることはできない。

    しかも「だからなに?」なプロットで、犯罪そのものにも魅力、ていうのかしら?がない。

    リーバスはもうやめようかな。
    マルコム・フォックスシリーズは確か、また次も読んでみようと思ったはず。
    続きを読む

    投稿日:2018.11.13

  • おっちゃん

    おっちゃん

    定年を迎へたリーバス元警部が民間人として『重大犯罪事件再調査班』に属して登場。定年を迎へるといふ前作の読了後には、このやうな設定は予想だにできなかつたが、依然リーバス流は今回も健在だ。

    投稿日:2016.05.11

  • yuyuchi84

    yuyuchi84

    相変わらずのギラギラしているリーバスで嬉しかった。娘さんとの関係も改善しているようでよかった。リバースVSマルコム・フォックス、リバースVSカファティ、リバースに安寧な余生などあり得ないね。いい人なのに、何故必ず新しい敵を作ってしまうのか。と言いつつ、味方や協力者も必ずできるんだけど。人徳と不徳を併せ持つ。そこが素敵。続きを読む

    投稿日:2015.07.16

  • mishika53

    mishika53

    退職後のリーバスが巻き込まれた少女連続失踪事件。ミステリよりリーバスの人間関係に比重が置かれているので、リス照りとしては消化不良。

    投稿日:2015.05.16

  • take9296

    take9296

    「最後の音楽」から5年。リーバス警部シリーズ第18作。退職した警部は民間人として未解決事件を追う。

    一匹狼の刑事が退職する、それは人生の墓場に足をつっこんだも同然だ―警察を定年で辞してなお捜査員として署に残る元警部リーバス。相棒だった女性刑事は昇進し、自分は捜査権限も減じた「手伝い」の身。が、そんな彼の前に特大の未解決事件が。1999年から2008年の間に三人の女性が失踪し、いまだ行方不明だという。最初の失踪者の母から、娘のことを諦めていないという強い想いをぶつけられたリーバスは、事件現場のA9号線に乗り込んだが…英国読者の熱烈な期待に応え、リーバス・シリーズ堂々の再始動。

    うーむ。これだからやめられません。次も楽しみ。
    続きを読む

    投稿日:2015.05.03

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。