青きドナウの吸血鬼(吸血鬼はお年ごろシリーズ)

赤川次郎 / 集英社文庫
(1件のレビュー)

総合評価:

平均 0.0
0
0
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ちこ(´・ω・)

    ちこ(´・ω・)

    「吸血鬼と幻と聖母」
    思い込みから発揮した能力。
    信じている者を利用してからかい、真相を教えぬまま勝手に人の信仰を見て楽しむなんて良く出来るな。
    彼女は本当にマリア様を信じており、大切に思っていたからこそ言葉を信じてしまったのだろうな。

    「青きドナウの吸血鬼」
    突然の海外旅行。
    そろそろ適当な事ばかり言っていると痛い目をみそうな父親だが、なんだかんだ理解した上で上手くやっている夫婦にも見えるな。
    故郷とはまた違う場所だろうが、ヨーロッパに旅することなど中々無いだろうからある意味帰省に近いのかもしれないな。

    「吸血鬼と花嫁の宴」
    旅行先で起きた事件。
    後処理をする事も出来ないのに、過去に恨みを持った人間を勝手に呼び出し都合良く使うなど簡単にしてはならないだろう。
    彼女は何も知らぬまま目覚めたのであれば、このまま何も覚えていないのが一番だろうな。
    続きを読む

    投稿日:2019.05.26

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。