ウェブ×ソーシャル×アメリカ 〈全球時代〉の構想力

池田純一 / 講談社現代新書
(55件のレビュー)

総合評価:

平均 3.6
11
16
16
8
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • stratton

    stratton

    webの世界の巨人たちに影響を与えたカウンターカルチャーなど、アメリカの根底にある思想を分析した一冊。面白い視座。

    投稿日:2018.11.18

  • reinou

    reinou

    ◆Google、Apple、Facebookなど、米国発のネットワーク・ビジネスは、60年代米国のカウンターカルチャー、ひいては米国社会・歴史の産物。そう主張する本書の内容は、米国社会思想にまで言及する重厚さ◆

    2011年刊行。
    著者はコミュニケーション・コンサルタント。


     21世紀の中核的ネットワーク・メディア(Google、Apple、Facebookを軸にTwitterが猪口猪口。Microsoftに殆ど言及しないのが時代とも、ネットワークメディアとの疎遠さとも)夫々の特徴を比較しつつ、その淵源を
    ➀ 60年代米国カウンターカルチャー、
    さらに
    ➁ 19世紀米国の社会思想、
    あるいはさらに
    ➂ 西欧でのローマの影響力
    にまで遡行して検討している書。

     正直➀➁のアメリカ社会史的特徴を見聞する機会がなく、叙述内容は知らないことだらけ。そういう意味では、読後感はなかなか難儀な書だなぁというもの。

     ただ、エピローグを読むと種明かしもされており、PC誕生の機縁、インターネット開発の目的を考えると、冷戦の産物と言えなくもないところだ。

     一方、
    ➀ アプリを含むソフトウェア開発がハリウッド化している点。
    ➁ これらソフトウェアの社会に対するインパクトが、工学的なシステム構築・建築におけるアーキテクチャー構築に近似しているとの指摘。
    ➂ オープン・アーキテクチャーの雄たるTwitterは、オープンであるが故に必然的にフェイクという遊び・余力・伸びしろを不可避とする。つまり、フェイクニュースの拡散とは構造的に不可避である可能性に言及したとも。
    ➃ 90年代の企業評価方法の変動により、短期的利益の追求だけが評価の対象となってしまわざるを得なかったが、それでは長期(10~30年先)の展望は開けないことから、近視眼的役割を担うトップと長期的視野(=夢や未来像を語る)のトップとを役割分担している。残念ながら日本企業でこの役割を上手く分担できているトップは如何ほど在ろうか?。
    ➄ アメリカの東と西との文化的差異
    などなかなか興味深い指摘も彼方此方にある。

     もっとも、知識不足以外に起因する読みにくさもないとは言えない。「あとがきに代えて」に弁解めいた意図について書かれるが、主体的に情報の森にさらに分け入ることが即時に可能なウェブという媒体と、読み手の側の既有の知識や発想を軸に理解・反論・批判・受容・納得・賛意といった読み手の反応を惹起させる、いわば触媒というべき紙の本とは違うフォーマットであり、著者がこれを咀嚼した上で叙述・推敲がなされないと、こちらとしても困ってしまう。
    続きを読む

    投稿日:2018.05.27

  • ドラソル

    ドラソル

    アメリカで生まれたITサービスについて記述した一冊。

    Web2.0以降かと思いきや、それ以前のARPANETの頃から記述があり、その手の歴史が知りたい人には楽しめるかと。

    投稿日:2015.06.16

  • prepre1212

    prepre1212

    全球時代の構想力とは?

    →マネタイズで大切なのは何からの価値を現出させることが先決で、その価値を経済的に支え、かつ再生産可能にするための方法を考える
    開発者の内発的な創造性を引き出すためにはビジョンが不可欠
    フィードバックの揺り籠から抜け出すためには、当初の目標の外部から出て新たな目標を設定することが必要
    続きを読む

    投稿日:2014.02.15

  • colotack

    colotack

    良書。濃い。包括的で哲学/思想的な思考、文章が気持ちいい。
    要再読。

    移動中に読む本がなくてたまたま入った本屋で目に止まった。講談社現代新書はもっと頻繁にチェックしておいたほうがいいな。

    投稿日:2013.01.27

  • racdog

    racdog

    講談社現代新書の本なんで、ちょっと小馬鹿にしてたけど、予想に反してなかなか深い
    フールアースカタログからワイアードを通じて今の時代までの見取り図は、英語圏作者の著作と比べても優れた感じになっております
    タイトルが凡庸なのは残念
    続きを読む

    投稿日:2013.01.18

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。