八潮と三雲 3巻

草川為 / LaLa
(19件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
7
7
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • R

    R

    三雲ちゃんのキャラや、徐々に心を開いていく八潮が可愛くて、どんどんおもしろくなってきた。変なストーリーなのに、気にさせずにすんなり世界観に浸らせることができるのは、作者の力量なんだろうな、と。

    投稿日:2015.06.18

  • syounenalice

    syounenalice

    このレビューはネタバレを含みます

    場面やキャラの魅せ方、キュンポイントの絶妙さ、今回も炸裂してます。ほんと上手です。
    八潮さんの言動、真意が見えなくて三雲と一緒にドキドキ。
    スーツ姿も男前すぎます。しーくん、もっとからんで八潮をやきもきさせてほしいです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.11.13

  • きさ

    きさ

    このレビューはネタバレを含みます

    この巻の表紙が好きです✨
    三雲ちゃんが可愛い。
    同居生活スタートで、三雲のテンションが高めです。
    明日も頑張ろう!と、ニコニコしながらご飯食べてるコマ可愛いなぁ

    そして、例のしー君登場!!
    び……美猫!!薔薇を背負っててもなんの違和感も無いふわふわ&キラキラな美少年です✨

    三雲に対して自分が名乗りを上げない話とかちょっと切なかったですけど、しー君は三雲の幸せを一番に考えてる素敵な子ですよねー愛しい!!
    八潮さんには三雲ちゃんをあげないよ!!って挑発的な感じですがね(笑)
    自分の知らない三雲の一面を見て少なからずともショックを受けてる(様に私には見える)八潮さんみてニヤニヤした。

    わがままリストを叶えてくれる八潮さんとか
    しー君の回の傷だらけになりながらターゲットを沈める八潮さんとか
    仮面舞踏会の三雲を助けにくる八潮さんとか
    総評は「八潮さんがかっこ良くて目眩がする」で。

    あ、あと最後のページの「まずは金魚の話題だす…………です」に笑った。かーんーでーるー可愛い!!

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.08.25

  • knhzk

    knhzk

    三雲ちゃんは猫バージョンでもお目目ぱっちりの美猫ですが、しー君は猫バージョンだと素朴な感じですが人間バージョンでは一気に美猫になりますね!一瞬しー君はライバルポジションなのかなとも思いましたが三雲ちゃんに対してはシスコン的な懐き方をしているようでかわいいです。続きを読む

    投稿日:2012.12.22

  • hichakko

    hichakko

    このレビューはネタバレを含みます

    自宅が全壊し、八潮の家に居候することになった三雲。
    八潮との夢の同居生活に浮かれる三雲は、取り立て屋の仕事も大張り切り…と思いきや、カーゲットの前で突然倒れてしまい…!?

    ついにライバル…いや、「しー君」登場!(笑)
    八潮の鋼の心を動かす(?)キーパーソンになってくれるといいんですが。
    というか彼の出番は今回の事件だけ…じゃないですよね?
    普段こっちの世界には居ないみたいですが。

    しかし三雲はほんと一緒に暮らせるの嬉しかったんだろうなぁ(笑)
    わがままリストの1番、叶って良かったね!
    あと番外編の仮面夫婦も中々いい味出してましたね。
    さり気なく八潮さんかわすの上手い!(笑)
    最後のおまけ漫画、「八潮とテレビ」も普段見れない八潮のミーハーぶりが見れて面白かったです(笑)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2012.09.05

  • 森月雫

    森月雫

    噂の『しーくん』登場!白いふわふわかわいい///三雲としーくんのベタベタしてるのかわいい///というか存在がかわいい!(´д`*)

    投稿日:2012.05.24

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。