夜明け前と彼女は知らない

平山瑞穂 / PHP文芸文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • caju

    caju

    女性を中心に、職場をリアルに描写すると、ホラーになる・・・。 発見のようで、振り返ってみると確かにそうだと気づかされる。 恐いのう。

    投稿日:2016.07.30

  • ありんこゆういち

    ありんこゆういち

    女性のランチでの悪口大会の描写から始まる。社内のイタイ人達を吊し上げる彼女たちは本当に楽しそう。副題通りのまさに「黒いランチ」。
    標的は
    「仕事が出来る女を演出し、横文字を使いまくり、流行りを追求しつつ、美人オーラですべてをごまかす底の浅い意識高い系女性」
    「いい年してすっぴん、幼い系を意識した言動でぐずぐずぶりっこを演出し、守ってあげたい系だと自認するパッとしない女性」
    「さほど見た目も良くないのに、女の子と2人でカラオケに行ったり食事に行く事でモテていると勘違いしている男」
    途中にランチでの黒い笑いの描写を挟みながらこの3人の会社での様子、プライベートでの様子が描かれる。大人になりきれずに、実体の無い場当たり的な居場所だけを求めてしまう彼ら3人は、第三者的にみれば滑稽で浮薄な人々なのだけれども、結構笑えない人もいるのではないかと思います。僕自身はあまりもてないので若い頃に2人でカラオケとか飲みに行ったりしたらそれだけで好きになっちゃったと思うし。
    守って欲しい系の人もきっと沢山いるし、意識高い系のマクロビカフェとかに通いつめて「なんとか女子」なんてものに踊らされる人も沢山いるでしょうからね。
    なかなか興味深く読みましたが、悪意のある人々が沢山出て来る本が苦手なので少し辛かった。どろどろ系が好きな人にはたまらないかも。
    続きを読む

    投稿日:2016.03.14

  • 惑星チャンネル

    惑星チャンネル

    ネオテニー、幼形成熟な大人たちのはなし。身体的成熟と精神的成熟は比例しない。
    わたしはどうかな。ネオテニーの一人な気もする。

    投稿日:2016.01.22

  • kingdoms2

    kingdoms2

    舞台はフツーの会社。
    主人公達はフツーの大人達。
    どこにでもありそうで、でもなさそうで。
    ハッピーエンドでもバッドエンドでもなくて。
    でもなんとなく後味は悪くて。
    そんなお話。
    自分が何をしても何もしなくても、常に自分を批判する人はいる。自分が自分だと思っている自分は、周りから見られてる自分とは違う姿。
    だからなんだとか教訓めいたことになるんじゃなくて、ただそうなんだなあってしみじみと感じた本でした。
    続きを読む

    投稿日:2015.02.02

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。