「衝動」に支配される世界

ポール・ロバーツ, 東方雅美, 神保哲生 / ダイヤモンド社
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.5
0
3
0
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • K - Shibui

    K - Shibui

    もう20年近く前にアメリカを鉄道、バスで横断した。行く前は、不安と緊張で一杯だったが、映画で見た世界を期待しつつ、胸の高鳴りが止まらなかった。

    そして、横断した後、自分は、この国で生活は、
    出来ないなと思った。各都市を回ってみて、現地の人と関わるうちに、何か異様な違和感みたいなものを強烈に感じたからだ。

    なんで、ドラッグストアに大量の睡眠薬が置いてあるんだろから、朝5時に起きブラブラ歩いていると、24時間営業のスポーツジムで当たり前のように運動している人がいた。自分にとっては、異様な光景だった。あまりに社会が合理化し過ぎといった印象を持ったり、人に余裕がないなと思った。特にダウンタウン地域に行った時は、アメリカの抱える現実を見た気がした。

    衝動的に何かをしてしまう。
    まるで、条件反射のように。
    いきなりアマゾンで何か買いたくなり、
    ワンクリックで買う、何か達成感がある。

    衝動的に何か見たくなり、ネットフリックスの無料一ヶ月キャンペーンに申し訳み、気になったドラマを一気に見る。

    ネットニュースで見た記事に、無性に腹が立ち、
    対象となる人物の罵詈雑言を書きまくる。

    こういった衝動的な行為は、以前は、
    あまりなかった。

    しかし、今、自分達は変わってしまった。
    20年近く前に見たアメリカの光景が、
    日本では当たり前になってしまった。
    実は、中国や韓国でもそうなっている。

    情報革命は、自分達に計り知れない恩恵さ、
    特に買う、見る、話すの分野に関して、
    多大なる利便性をもたらしてくれた。
    しかし、この革命で犠牲になったものも、
    沢山ある。それを非常に論理的にこの本では
    考察されている。

    続きを読む

    投稿日:2019.12.12

  • なー

    なー

    このレビューはネタバレを含みます

    「石油の終焉」「食の終焉」に続く第3弾。解説氏は「資本主義の終焉」だなんて言ってますが。何でも自分に寄せる「自分化」の行き着くところはコレか。一見、多様性が許容されているように見えて、実はスルー、お互いに関わっていないだけの社会。「顧客」から「消費者」に格下げされた時点がターニングポイントだったのかな。ただ後半の「インパルス・ポリティクス」の部分は米国の二大政党制に基づく話なので斜め読み。

    しかし、ウォルター・ミシェルの「マッシュルーム研究」には吹いた。報酬がマッシュルームだったら、子どもでも待てるのでは?(笑)

    レビューの続きを読む

    投稿日:2019.10.14

  • ajasta6nya

    ajasta6nya

    息子へ

    この本は、残念ながら息子にオススメするには値しないな。
    ありきたりのテーマに、どこかで聞いた話。

    結局、何が言いたいのかがボヤッとしているからね

    投稿日:2017.06.26

  • uchi18

    uchi18

    今年の上半期に読んだ中でいちばん良い内容だった。

    極度に「自分化」された生活、支払いはあとまわしにして欲しいものを今すぐ手に入れる決済手段を得たことでパワーを増した(ように感じられる)消費者、倫理観なくオンラインで転がされる企業の株式、市場化する政治……
    近視眼的で他者を顧みないマネー・ゲーム的社会への警鐘を強く鳴らす1冊。
    アメリカについて語られた本だが、日本も同じような道筋をたどりつつあるのではないだろうか。

    ……と、内容はとても良かったのに、初刷りを読んだらくだらない誤植だらけで実にもったいなかった。脚注のまとめかたも雑。大急ぎでそれこそ「衝動的に」翻訳・出版しないで、じっくり腰を据えて仕上げてほしかった。
    2刷以降(出てるのかな)直っていたらいいなー。
    続きを読む

    投稿日:2016.05.30

  • vitrumlabook0727

    vitrumlabook0727

    社会問題への興味を持つきっかけとなった『食の終焉』の著者ポール・ロバーツ氏による最新作。『食の終焉』の前には『石油の終焉』というエネルギー問題を扱った著書がある。いずれも読んだが、今回のタイトルはこの2冊と趣が違う。しかし訳者が最後に書いているように「資本主義の終焉」というタイトルにふさわしい内容。
    利益追求にひた走る社会が、結果がどうなろうとも「今すぐに欲しい」社会になりつつある。緩やかな流れの中ではぐくまれてきた社会を分断し、人々から長期的な思考力を奪い、その場その場の利益だけで行動する社会になってしまっていると指摘。
    例えば企業は近視眼的な投資しかしなくなった。人材は育てるとコストがかかるので引っ張ってくる、設備投資は今あるシステムを改良したものに留める。金融機関はすぐに回収できるような計画にしか金を貸さない。景気が長期にわたって滞っているのは、ゼロから新しいものを産み出して、既存のシステムにとって代わるようなものが作られていないからだという。今あるシステムのスピードを上げました、便利さを向上させました、といったマイナーチェンジを繰り返しているだけなので、雇用は生んでいない。
    医療現場では「未然に防ぐ」よりも、高価なガンの中性子治療をしてもらった方が儲かる、極端に言えば未然に防いで健康な人を増やすよりも、病気になってもらった方が儲かる。
    政治ではあらゆる立場の人を考慮した政策を打ち出すより、票をくれる層に受ける発言をした方が有利なので政策が極端なものになる
    便利さを求めた結果、個人個人の長期的な考え方の能力が低下し、すぐに手に入る情報やモノに飛びついてしまう。こうなってしまうと、企業や政府はより人々をコントロールしやすくなる。アメリカでも、それに気づいた人は端末を手放し、コミュニティを大切にする生活に移行する人もいるそうです。日本でも田舎の暮らしを見直す動きが出てきているのは、少なからず違和感を感じる人が増えてきているからだと思います。
    続きを読む

    投稿日:2016.02.27

  • 「おやっさん」

    「おやっさん」

    「衝動」に支配される世界 ということで、アメリカにおいては金融資本主義が消費者を巻き込み、次々と商品・サービスを購入させてしまう「市場」を政府も取り込み創ってしまった。
    古き良き時代の市民・消費者が保有していたキャラクターはパーソナリティへと変質してしまった。
    行きつくところまで、社会関係資本は破壊されてしまった。
    膨大な選挙資金が必要なアメリカの選挙民主主義。ウォール街に席巻されたしまった政党。
    如何ともしがたいようだが、第Ⅲ部で「再びつながり合う社会へ」第9章 私たちはどこへ向かうのか
    小さな動きだが、古き良き時代のアメリカに戻そうという諸活動を紹介している。
    著者は、明確な方向性は述べていない。
    考える主体はアメリカ国民である。

    私にすれば起こるべくして起こっている現象だと。
    それは、佐伯啓思氏が、一貫して警鐘をならしてくれていたからだ。
    「自由とは何か」『「欲望」と資本主義』「自由と民主主義をもうやめる」『新「帝国」アメリカを解剖する』
    「大転換」他多数、彼の本を読み続けていたことにより、「衝動」にしはいされることなく淡々と読めました(笑)。
    続きを読む

    投稿日:2015.11.08

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。