ビッグクエスチョンズ 倫理

ジュリアン・バジーニ, サイモン・ブラックバーン, 山邉昭則, 水野みゆき / ディスカヴァー・トゥエンティワン
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
1
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ma2373

    ma2373

    本書においても争点や議論のポイントについては説明されているが、「これこそが正しい」という結論などはほとんど提示されていない。それは答えを早急に求める読者にとっては受け入れられないことだろう。しかし、だからといってこのような議論が無駄なものであると結論づけるのは誤りである。本書の最後の部分で著者は次のように述べている。

    「しかし、明瞭に考え、本当に正しいと評価しているものに注意を向けることでより善い道徳的な選択、純粋により良い結果をもたらす道徳的な選択をする可能性が芽生えるのであれば、そこに、哲学的倫理学につながる点がある。
     最終的な選択は、常にあなた自身が決めることであり、あなたしかその選択の責任を負うことはできない。しかも、責任を取るためには、それにふさわしい厳粛な時間と考えを、倫理醸成に与えることが欠かせないのである。」

    つまり、最終的に判断するのは私たち自身なのである。しかし、その判断をするときに何も知らない状態で判断することと、論点を整理し熟慮した上で判断することでは、その意味合いは全く異なる。そのよりよい判断をするうえで助けとなるのが、「倫理」という学問なのであり、本書はその大まかなアウトラインを理解する上で大いに役に立つだろう。
    続きを読む

    投稿日:2015.04.13

  • yonosuke2019

    yonosuke2019

    手段と目的、テロ、近親者優遇、弱者救済、法と道徳、動物の権利、妊娠中絶、安楽死、カジュアルセックス、差別、市場・フェアトレード、環境保護、自由と責任、正しい先生、拷問、進化と倫理、相対主義、宗教と道徳、多元主義。内容的には普通で訳も読みやすい。しかし注というか文献とかもとからぜんぜんついてないのかな。続きを読む

    投稿日:2015.03.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。