昏倒少女

安藤ゆき / 別冊マーガレット
(8件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
3
2
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • へきくう

    へきくう

    橘くん推しで!爽やかスポーツ青年だわ☆ 短篇集だとは知らなかった。数ページで終わって、え?となったしね。

    投稿日:2015.11.18

  • おいなり

    おいなり

    実は一途なアホヤンキーとか、嫌いになれるわけ、ないじゃん!!!!!!!!!

    表題作と炎のゆくえが良かった

    投稿日:2015.09.24

  • 『黒犬』の優樹

    『黒犬』の優樹

    今、数多い少女漫画家の中で、最も、『式の前日』等を代表作とする穂積先生が腰かけている次元に手が届きそうな人は、誰でもない、この安藤ゆき先生だろう
    普段は、“私の中では”とか、他の読み手の不興を買わないように予防線も張ってしまうが、これに関しては譲れない
    前作である、『透明人間の恋』は今、読み返しても衝撃的だ。しかし、この『昏倒少女』を読むと、そのインパクトなど、呆気なく吹き飛ぶ
    正直、思いましたね、書店で見つけた瞬間、「良かった、まだ描いててくれてて」と
    あれだけの名作を描けちゃった訳ですから、燃え尽きちゃったっつーか、満足しちゃったのか、と不安だったんですよ
    実力派、そんな賞賛の表現が相応しいだけの実力を、黙々と育ててくれていたんですね、安藤先生は。個人的には、新鋭って言葉も送りたいんですけどね
    男も女も読んだら、確実に、先生の個性に惚れる
    芯のある乙女心も、繊細な男心も、ここまで丁寧かつ大胆に描ける少女漫画家は、この安藤先生と穂積先生以外じゃ、『日々蝶々』の森下suu先生くらいしか思い浮かばない。つまり、安藤先生も、穂積先生と同じく、私の中で殿堂入りしている羽海野チカ先生に肩を並べそうな森下先生の背中を追いかける資格がある、と言えるだろう
    次回作が、読み切り集か、長編連載になるか、は定かでないが、『透明人間の恋』と『昏倒少女』を凌駕するのは確実だ
    「ホットアイスチューン」
    ラストでの、半ば身勝手に叩き付けるような告白が好き。やれる事を全部やってないのに、勝手に諦める男はカッコ悪いッッ
    「昏倒少女」
    単純に、男として、こういうストーリーは好き。お姫様抱っこに憧れるのは、何も女の子だけじゃない。恋にストーンと落ちるキッカケなんて、自分でも笑っちまうくれぇ、しょーもない、でも、自分を変えるくらい衝撃的な、相手からの些細な言動だ。仮に、この読み切り集の中から、連載化する作品を選ぶなら、断然これだ
    「溢れる」
    子供や大人のそれとも一線を画す、青春真っ盛りの少年少女の感じる、理由もぶつけ所も判らないイライラが力強くも優しいタッチで描かれており、女性の読み手からの共感を特に多く集めたのは、これじゃなかろうか?
    「炎のゆくえ」
    おばかで天真爛漫な少年と、実直で一途な努力家の少女の組み合わせってのは定番だからこそ、それで読み手をKOできれば、実力が本物と言える。ヘラヘラし、適当に生きてるように見えつつも、男として通すべき芯を知っている竹やん、そのギャップがいい。また、果歩に友人以上の感情を持っていそうなきいやんの個性もグッと来る
    「パーティー」
    ちょっと重めの話だが、ラストには安藤先生らしさが良く出ている。人間ってのは思い悩んで、中途半端に自分を追い詰めて、自分の道を照らす光を呆気なく見失ってしまう。だからこそ、ギリギリにまで追い込まれて気付けた、自分の本当の気持ちには、それからの人生を支える、本当の強さと輝きが宿るんだろう
    素晴らしい読み切り集だった、うん
    次はどれだけ待つ事になるんだろうか、って不安もあるが、待つだけの価値がある、安藤先生には
    この台詞を引用に選んだのは、前作でキュンキュンさせられた言葉の数々よりも、安藤イズムを感じたので。小説家を目指している身として、この読み手の心をストレートに揺さぶれる表現を、しっかり、私の血肉にしたい。感謝!
    続きを読む

    投稿日:2015.08.16

  • ひらがねん

    ひらがねん

    短篇集。
    どれも味があって面白いです。
    中でもおすすめは本の題名にもなっている『昏倒少女』かな。橘君男前!
    勿論他のエピソードも。

    投稿日:2015.04.21

  • 小躍り

    小躍り

    全部ボーイミーツガールな、これから2人の関係が始まる…!っていう先を想像させる作りになってて、それが結構爽快だった。この人は短編向きなんだと思う。

    投稿日:2015.03.05

  • careless-eight

    careless-eight

    短編集。どれも独特の世界があって、良い意味で別マっぽくないです。モノローグの使い方やちょっとした表情が素晴らしいです。安藤さん、どれを読んでもハズレなし!!

    投稿日:2015.03.03

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。