BECK(33)

ハロルド作石 / 月刊少年マガジン
(2件のレビュー)

総合評価:

平均 4.0
0
1
0
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • リカ

    リカ

    グレイトフル・サウンドのメインステージで、彼らは演奏できることになりました。
    ピリピリする彼らの飢餓感が伝わってきます。
    もうラストが近づいてきているのでしょう。彼らと同様に前に突き進むだけだったストーリーに、メンバー一人一人の回想シーンが採り込まれてきています。

    みんなそれぞれに、悩みながら努力してきていることが改めてわかります。
    めいめいが泣いていますが、その涙は決して女々しいものではありません。
    特にサクの、コユキの歌を表現するために、必死に特訓を重ねる様子に涙が出ました。
    いつも穏やかに笑っているサクですが、やはりあせりや諦めという負の感情と戦っていたんですね。

    女性にとっては相当気持ち悪いキャラの斉藤さん。
    でも好きなものにはとことん打ち込む情熱家なので、味わい深くて憎めませんでした。
    一旦は壊れてしまった桃子先生との恋ですが、斉藤さんが「DEVIL'S WAY」の歌詞に勇気づけられて、「卒業」プール版を決行し、桃ちゃんを奪還するシーンは、とてもかっこよかったです。
    二人が奇跡的に再び結ばれて、ほっとしました。

    興奮の渦のまま、話は次巻へ続いていきます。
    続きを読む

    投稿日:2010.08.17

  • みさと

    みさと

    NYでのレコーディング終了後のBECKの音楽は世界中に流れ、一躍スターに……。
    グレイトフル・サウンドのメインステージの結果は?

    斉藤さんと桃ちゃんも幸せになったことだし、もうそろそろラストかな。

    投稿日:2008.06.17

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。