しなやかに愛を誓え

今城けい, コウキ。 / 幻冬舎ルチル文庫
(4件のレビュー)

総合評価:

平均 3.0
0
0
4
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • touha

    touha

    やたら小難しい説明とか延々と続いて、すごい読みづらかったし入り込みにくかった。結局、メイランの件もうやむやなまま終わったしSSCのことも中途半端で、せっかくの設定が生かしきれてない感じ。メイン2人も特に惹かれるキャラではなかった…
    この作家さんの他の本がすごい面白かったから期待したけど…;
    続きを読む

    投稿日:2014.04.26

  • usamomo21

    usamomo21

    お話自体はすごく面白かったです。ワクワクしながら読みましたし、最初はろくでもない受けがどんどん成長していくところが良かったです。 攻めの大人でカッコいいところも良かったですね。 ただ・・・、恋愛的にはちょっと私的の萌えではなかったのが残念かな。 受はノンケだし、攻めはどうなのか?とかねぇ。なんか色々と引っかかる部分もあったんだけどねぇ。 でもさすが今城さんだからお話は結構惹き込まれて面白かったです。続きを読む

    投稿日:2014.04.13

  • komopy

    komopy

    ボディーガードとか、警護とか、身辺警護などを扱う特殊な民間警備会社が舞台の、好みにぴったりな設定でした。

    食べさせてくれる相手を転々として野良猫のように生きる利翔。女物の服や靴のサイズでも大丈夫なほど華奢だけど、気性も荒くて口も悪いという、ちょっと苦手なタイプのキャラでした…
    そんな利翔がチンピラに絡まれているのを助けたのが元警視庁のエリートの佐光。傷ついた利翔を手当てして自分の家に住まわせます。そして、佐光から自分の仕事のパートナーにならないかと言われた利翔は、始め反発心ばかり抱いてしまうのですが。

    野良猫のようにろくでもない生活をしてきた利翔が、佐光と出逢ったことによって見違えるような成長を遂げていきます。
    威嚇してばかりでかわいげがないと思ってたけど、時折見せるしおらしさがいいし、なかなか将来性がありそうで、読むうちに苦手意識が変化していきました。

    一方、すぐ噛み付いてくる懐かない猫を手懐けようとする佐光は、仕事ではカッコよくてパーフェクトでも、プライベートは隙があったり甘かったりで、かなりギャップがあるところが面白かったです。

    ストーリーの軸になる事件が、平凡で面白味に欠けたのが惜しかったです。冷静な描写で、それはそれでいいのですが、もう少し見せ場に生き生きとした臨場感や迫力があればもっとドキドキしまくったと思います。
    エロ的にはいい絡みシーンがありました。積極的なのに後で羞恥する受w
    もう少し甘いイチャイチャが見たかったですね~
    ケビンのスピンオフで、そこのところ(萌え)は補充してほしいです!!!
    続きを読む

    投稿日:2014.02.25

  • chibila

    chibila

    このレビューはネタバレを含みます

    元警察庁エリート・佐光×住所不定無職荒んだ暮らし・小塚利翔

    設定とか二人の性格とか内容とかに不満はないし、好きなタイプのお話だった。
    のに、なんかはまり込めないのは、作家の力量なのではないかと思ってしまった私は、何様やねん。
    この作家さんが、どのくらいのキャリアの方か知らないのだけど…。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.02.23

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。