戦慄のクトゥルフ神話 狂気の山脈

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト, 宮崎陽介 / クラシックCOMIC
(6件のレビュー)

総合評価:

平均 3.4
0
3
1
1
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • りん

    りん

    マンガ版クトゥルフ・シリーズも、最初は、イマイチだったけど、だんだと結構、楽しくなってきた。

    そして、「狂気の山脈」は、好きな話です。

    しかし、最後なにがおこったかは、マンガでは表現しにくいですよねぇ。まあ、小説でも、メチャクチャといえばメチャクチャだし。
    そこは、絵がない方が、こわい感じがするのかも。

    でも、こわいと思いながら、古のものって、けっこう愛嬌あると思います。なんのこっちゃ。
    続きを読む

    投稿日:2013.02.08

  • 深川夏眠

    深川夏眠

    『インスマウスの影』共々、
    うっかり衝動買いしちゃいましたが……
    えーん(pωq)やっぱり怖くないよぅ。
    あの独特の気持ち悪さを別の媒体で表現するのって
    大変なことなんだなぁと改めて思いました。

    投稿日:2011.12.14

  • かほう

    かほう

    今年最初に読んだのは、これに掲載されているアーサー・C・クラークの小説「陰気な山脈にて」。

    しかも「狂気の山脈にて」映画化決定とか期待せずにはいられない。

    投稿日:2011.01.01

  • romiiwo

    romiiwo

    20年ほど色々な邦訳を読ませてもらったけど、
    最低最悪の作品です。
    予算を絵に振ったのか訳に振ったのか。。。
    たぶん、編集でピンハネしたんじゃないf^_^;
    っていう出版物です。

    投稿日:2010.11.02

  • 墓標

    墓標

    どうせ邦訳はされねーんだべっ!とか思ってたのに来そうだな、「狂気の山脈」映画。しかも監督デルトロ!?その上ジェームズ・キャメロンとか3Dで大作化フラグと見てええんか!?

    狂気の山脈、コミカライズ。
    実は原作未読(傑作選に何故か入ってないんだもの・・)だったのでかなりワクテカで読んでた。冒険譚的な面白さって貴重だなぁ。
    第一弾「クトゥルフの呼び声」に続いて宮崎陽介さんが漫画書いてるのだけど相変わらず背景が残念。と思ってたら段々味が出てきた気がする。南極入ってからの狂気的な山脈群や海百合状生物が作った都市の描写、特にショゴスの捕食壁画はSAN値減ったと言わざるをえない。

    解説はまだ未読なので置いとくとして、アーサー・C・クラークのパロディ小説「陰気な山脈にて」が翻訳されて巻末に載ってる。なにやってんのこの大御所。クトゥルーとかの花形神格はそれこそ信者いっぱいでウハウハだけど、マイナー神格は信者獲得に大変なんですよって話と受け取った。馬鹿じゃないのw大好きだw
    続きを読む

    投稿日:2010.09.25

  • kumakazu

    kumakazu

    前作〜クトゥルフの呼び声が売れたんだろうねぇ。
    これを題材にした、その後の狂気の山脈〜朝松健バージョンも面白いね。

    投稿日:2010.09.07

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。