炎の蜃気楼 邂逅編 真皓き残響12 生死流転

桑原水菜, ほたか乱 / 集英社コバルト文庫
(3件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
2
0
1
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • majinglang

    majinglang

    炎の蜃気楼 邂逅編12 生死流転

    つばきに惚れられても気がつかない朴念仁の直江が健全すぎて新鮮だ。

    本編の頃(400年後)には病的なまでに執念ホモになっている直江も、最初の換生の頃は健全でまっとうだったんだなーと感慨深い。続きを読む

    投稿日:2018.12.09

  • イチカ

    イチカ

    このレビューはネタバレを含みます

    遂に最終巻。
    バラバラだった夜叉衆がなんとなくいい感じにまとまってきたところで物語はおしまい。
    もうちょっと先まで読んでみたい!と思わずにはいられない。
    この5人でよかったなあ!
    謙信公の采配、絶妙でしたね!

    夜叉衆5人で執り行った結界調伏法、かっこよくてぞくぞくしました。
    5人の名前が並ぶと、圧巻。

    『おまえが罪の意識を抱くほど、オレの中の何かが、満たされる、気がする』
    …っていう景虎様の独白にちょっと震えました。
    も、もうそんな境地に?!

    敗者だ勝者だってずっと反目し合ってた直江と高耶さんだったけど、始まりは直江の方が勝者だったんだなあ…それを思うとなんかもうこの人たちの400年て!って頭を抱えてしまいたくなりました。

    そして最後の直江と景虎様の会話、これが40巻に繋がっていくのかと思うと泣けて泣けて。。。

    光は、見つけることができたんでしょうか…?

    読んでよかったです、邂逅編。
    始まりの物語を知ることができてよかったです。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2014.08.17

  • うがちゅ。

    うがちゅ。

    邂逅編完結。夜叉衆5人がようやく揃って。彼らの名前が並んだだけでぐっ、ときた。

    前回まで追い立てられるように読んできた印象だけど、今回は落ち着いて読むことができたと思う。これで終わりと思ったせいかもしれないけど。

    20140203~20140209
    続きを読む

    投稿日:2014.02.09

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。