梅咲きぬ

山本一力 / 文春文庫
(34件のレビュー)

総合評価:

平均 3.7
3
16
9
2
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ばあチャル

    ばあチャル

    玉枝は、深川の料亭「江戸屋」の女将である三代目秀弥の一人娘。周囲の人々の温かく、時に厳しい目に見守られながら、老舗の女将としての器量を学びつつ一人前に成長していく。山本作品にたびたび登場する四代目秀弥の少女時代にさかのぼり、母から娘へと受け継がれる江戸の女の心意気を描く、波乱万丈の物語。(カバーより)


    時代物一辺倒の夫が感想を聞きたい、というので大至急読みました。

    はい、凛として筋が通っていて好きですよ、こういうの。

    ちょっと妬けますがね。

    だって美人で、能力があって、器であるのですもの、ヒロインが。

    しかし、なかなかのいい文章で、時代がよくわかります。

    作者のお人柄でしょうか、周五郎でもない、周平でもない、琴線に触れるものはたしかにありますね。

    ヒロイン秀弥は踊りのおっしゃん(お師匠さん)にこう教えられます。

    「つらいときは、好きなだけ泣きなはれ、足るだけ泣いてもよろし。そやけど、自分が可哀想やいうて、あわれむことだけはあきまへんえ。それは毒や。つろうて泣くのと、あわれむのとは違いますよってな」

    ちょと宮尾登美子の作品がしのばれますね。
    続きを読む

    投稿日:2021.08.30

  • natsuki813

    natsuki813

    時代は宝暦年間、舞台は深川の老舗料亭
    「江戸屋」。女将・秀弥と娘・波瀾の人生を
    描く人情時代小説。

    投稿日:2020.04.09

  • ともくん

    ともくん

    江戸、深川の女の心意気、天晴れ。
    これぞ、深川の……いや、日本の女。
    まさに、大和撫子。
    お淑やかなだけではなく、芯の強さがある。
    そして、母娘の愛情の深さに涙した。

    投稿日:2019.09.02

  • kurizoh7

    kurizoh7

    山本一力作品ではたびたび登場する深川老舗料理店の江戸屋の女将秀弥を中心とした話で、よく登場する三代目から四代目に代替わりするための女将としての心構えを伝授する姿やそれを着実に受け継いでいく四代目の女将として成長していく姿が良かったです!
    四代目の父親が誰なのか?は、結局謎なままでしたが・・・
    続きを読む

    投稿日:2017.10.28

  • setu

    setu

    著者の本を読んでいきます!
    深川の料亭「江戸屋」の三代目秀弥の一人娘、玉枝の成長物語。江戸の女性の心意気と、祭りを通した深川の人情にほろり。
    玉枝が四代目秀弥となった後の子育てがないのが残念・・
    江戸屋の行く末は大丈夫ですとつぶやかれたので、大丈夫ですネ・・きっと♪

    江戸物好きなのは、私自身が下町っこだからのようです^^
    今回のお気に入りを、フレーズに残しています。
    続きを読む

    投稿日:2017.10.03

  • あやごぜ

    あやごぜ

    料亭「江戸屋」の三代目女将・秀弥の娘で、後に四代目女将となる、玉枝の成長を描いた物語。
    深川っ子の“粋”が、清々しくて良いですね。

    投稿日:2016.09.15

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。